Profile story class workshop kids yoga film contact

旅のお話チャール∞






ここティルワナマライはAurovilleからバスで4時間ほど内陸にはいった小さい町
今もっともあつい聖地のひとつだろうと思う∞
ラマナ・マハリシという聖者のアシュラムがあり
その他にも現在でもおおくの聖者、アシュラムが存在する
まさに精妙なプラーナが充満するエリア
そしてその中心にある
聖山アルナーチャラ
ヨーガの神さまでもあるシバのリンガが山の周囲を取り囲んでいる

僕は導かれるように
満月の日にティルワナマライにおりたった
毎月この日はインド中から多くの巡礼者が訪れ
夜があけるまで
山の周りをまわりつずける
一周はだいたい4時間ぐらい
人々の信仰深さ
そしてどんどん渦巻いて行くエネルギーを
ビリビリ感じる
もちろん参加∞
シンプルでパワフルな瞬間をここでも体感する
本当にうれしくなり
涙が溢れそうになったのを覚えている
気さくな人々が歩いてると声をかけてくれる
どこからきたんだ?
名前は?
チャイでものんでけ
その時
同じ信仰するこころが
あれば国も人種も関係なくつながると感じた

今日は満月∞
しばし月の光を浴びこころとからだを浄化しよう

AUM shantih

旅のお話ティン∞


静かに
まるで宇宙船のような黄金色の球体の中へ
らせん状に上へ
そして
中心にむかう
しばしの間座り
再びそとへ
シンプルでパワフル∞
そして菩提樹



sadhana forest
ここは持続可能なリズムの中で、さまざまな環境のことを学べるコミュニティ
もともとは何もなかった広大な土地を5年の植林で森にしたところ
それが認められアフリカでもプロジェクトを行うと当時きいた
食事はコミュニティーにいるみんなが順番につくる
もちろん蒔きで
完全のビーガンで食事はすすむ
とても調子がよかったのを覚えている

昼はマッドプールがシャワー
僕がいた後半はサンドバックハウスのプロジェクトがすすんでいた
出来上がりを写真でみたが
まるで絵本の世界だった
ここで多くの気づきを
いただいた∞

そして満月へ
namah shivaya

つづく




旅のお話ドー∞

年越しをインドは最南端で過ごした僕は一路海沿いを東へ進んでいく
チェンナイから南へ2〜3時間
ポンデェッチェリーの町におりたつ
ここは、フランス統治下にあった町
どことなく町なみも洒落ている
そこからリキシャで10分ぐらい
そーいわずと知れた
Aurovilleがある∞

オーロヴィルは1968年2月28 日
世界124カ国から人類の和合の象徴として
それぞれ持ち寄った一握りの土が
一つの壺の中に収められ、起工式が執り行われた
世界中の男女が集い
あらゆる主義や宗教、政治そして国籍を超え
平和と調和のもとに住むことのできる
ユニバーサルタウンを目指しているところ
空からみると町は銀河のかたちになっている

シュリーオウロヴィンドという賢者をご存じだろうか
彼は、ガンディーと共にインド独立にもかかわり
多くのメッセージを残している
そして、そのオウロヴィンドのもと修行に励んだ
Aurovilleの創始者フランス人マザー
今もなお町は拡大しつづけている

ここには、教育、環境、商業施設などがしっかりとあり
様々なエリアが存在する
wsもたくさん行われている
一つの町としての機能をしっかり果たしているようにみえた
僕は中心から少しはなれたエリア
Sadana Forestで生活していた

バイクでないと移動できないくらい広い
いるだけで癒される
バイブレーション
多くの菩提樹

そして、その中心にあるマザーがAurovilleの魂と呼んだ場所
マトリマンディル∞金色に輝くところ
なるほど
マザーがどれほどの思いでここを創立していったのか
をひしひしと感じた

ここは、2回のアポイントを取ったのちようやく入るのを許可される
完全に聖域

そしてそのタイミングが僕にも回ってきた

つづく


旅のお話∞

久しぶりに旅話∞
僕は足掛け10年アジアを中心に旅をつづけている
最近ではヨーガの修行がメインになっているが 
インドにおいても、旅でつちかってきた、バランス感覚は変わらず
僕の助けとなってくれる
出会うべくして出会う場所∞人∞もの
いつでもどこでもナイスキャッチ
全てはパーフェクト

2年前
僕は長い旅の真っただ中にいた
インドは最南端
Devi kanyarakumari が鎮座するコモリ岬
インドで唯一太陽が海から上り海へ沈むところを拝める聖地
ヴィヴェーカナンダのテンプルがあるのでも有名
そして、少し町を散策すると出会うカラフルな建物、そしてキリスト教会
言語はタミル語
新年を大勢のインド人に混じって祝う
そしてそのまま沐浴
その後、アルタナマライという聖山へ
外国人は僕だけ、インドではよくあること
多くの巡礼者が新年そうそう列をなしていた
頂上にはケーヴ(洞窟)とAUMの祠
みんな笑顔で声をかけてくれる

いつも感じることだけど
そこでもおかえりと確かに土地のスピリットが声をかけてくれた

これだからインドはたまらない


AUM shantih
つづく...



Dalai Lama @kumba Mela∞

recently最近思うこと∞


どんな状況であれ
全てはパーフェクト
良いも悪いも存在しない
どんどんおこる
突然のできごと
もうそれも当たり前になり
驚かなくなってきた
自分が一瞬一瞬
試されていることに気付く
どうありたいか
どう進みたいか
常に心を観察し
真我にむかう

私の意志で肉体は動き
行為がなされる
しかし
そのもっと奥深くにある真実

そう、
チャイタンニャと呼ばれる純粋意識
おおいなる存在が
私に行為させているということを
最近よく感じる

それならば
喜んで差し上げます∞

AUM Shantih




Mata rani kii jay∞

mother india∞

1947.8.15インド独立
ヒンドゥーそしてムスリムの人々が
互いに手をとりあい
平和にむかうことを願ってやまない∞



from Amma
 謙虚であれば、すべての経験をただありのままに受容します
経験に対して何らかの判断をせず、自分の解釈を加えず、受け入れます
そうすることで多くのことを学ぶことができるのです
それは頭で理解するということではありません

by Mata Amritanamdamayi Devi


Mahatma...

みたいと思う変化に
あなた自身がなりなさい

by Mahatma Gandhi




teitte-insta-flicker_03.jpg

IMG_9762.jpg

IMG_4826.png

スワミジ2018講話ダイジェスト、日本の皆さんへのメッセージ




Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar