Profile Story Class Workshop KIDSyoga Film Coantact

オープンマインド





身体と心に囚われることなく

オープンマインドで世界をみる

バガヴァーンアレンジ

いつもの学びの中で、ヨーガクラスを受け持つ機会を得る

私は何ものにも束縛されず
全ての条件から自由

それが、私の本質

私が私自身の真実を知らないことが
無知であり

その無知が落ちれば

私はすでに変わらず

満たされてることに気づく

時間からも空間からも自由

Come&Go
川の流れのようなマインドを
左右されず眺めるように

自然に起こる、全ての現象に
囚われることなく

だだある



Being.

今もなお、伝統という形でその知識が脈々と受けつがれているインドという国の叡智を学び続ける

祝福に満ちた旅

Om tat sat


Om suryaya namah


ガンジスから朝日が刻一刻と
色を変えながら

美しくのぼる






古都バラナシ.祈りの町




毎日

母なるガンジスへプージャが
おこなわれる古都バラナシ


沐浴をし、身を清め
スーリヤにナマスカールをする

知識の象徴である太陽に礼拝

夕方のアーラティは、何百人もの人々が一同に集まり祈りを捧げる

私は、この地に何かの縁で導かれヨーガに初めて出会った

後に
伝統的なアーサナや生き方を教えてくれた先生がいたところ

インドの中でも、懐かしく田舎に帰ってきたような気分になる

今でも、先生のアシュラムでは、息子のガネーシャジが、昔ながらのインドスタイルのヨーガを淡々とバラナシの人々に伝えている

趣あるレンガ作りの町並みが歴史を積み重ねながら存在し、人、生き物、全てを穏やかに受け入れ包み込む母なるガンジス

一見、喧騒に見えるこの場所の背後に、確かに、宇宙の秩序と調和する生き方、普遍的価値の理解がある

それは、祈りという形で日々の暮らしの中に息づいている

Om Tat Sat.


こころの落ちつき


心を落ち着かせるための基本的なことは、
まず、忙しなく動く感覚器官を落ちつかせること

聴覚、触覚、視覚、味覚、嗅覚との心のつながりを、常に認識しながら生活の中で鎮めていく実践をすることで

ゆっくりと心は落ちつきにむかう

Om

女神ガンジス


Om Jaya Gange Mata.

伝統と革新が究極的に混在する聖地バラナシ

ガンジスの女神が全てを包み込み
悠々と流れる

変わりゆく事象の後ろにある

変わらない存在に認識をむけてみれば

穏やかでリラックスした私がいつもそこにあることを知る

Om.

母なる牛


With Go Mata.

インドでは、
子どもは、母乳が終わると、ゴーのミルクで育つとされているほど

日本の牛とは、種類も存在も考え方も違う

田畑、食物、私たちの身体、
そして、ヴェーダの儀式に欠かすことができないギーや燃料やビブーティなど沢山のことを満たしてくれる存在を
ゴーマータと言う名で呼ぶ

ゴーの世話をすることは、イーシュワラへの理解とその態度を養う大切な姿勢だとされている

Om.


Ahimsā.アヒムサ


アヒムサ 苦痛を与えないこと

私が苦痛を感じるのと
同じように他人や生き物も苦痛を感じるし、苦痛を味わいたくないと思っている

これは生き物全てが誰に教えてもらうでもなく知っていること

全てに共通した宇宙価値

その価値に気づく

100%は難しくても、出来るだけ日々の生活の中で実践していく姿勢が
全体宇宙と調和した生き方になる

Om tat sat

A Vedic Life


ヴェーダは教える

幸せの本当の意味は
今ここにいるあなた自身だと

ヴェーダが最後に教える知識を理解するには、人間として成熟した心の在り方が必要

心の成長の要に祈りがあり

祈りを通して、私と世界が切り離された存在でないこと
幸せの本当の意味が深まっていく

そこにあるバガヴァーンの理解

その知識を理解するための
心の成長を促す手段全てがヨーガとなり

心の成長を自分の行動全ての目的としている人をヨーギーと呼ぶ

Om.

花を捧げる。



Flower for Devatā.

インド

ヴェーダの文化は、日々の暮らしの習慣的祈りが自己の成長につながることを教えてくれる

テンプルのデーヴァターに
毎日、花を捧げる美しい日常がある

Om.

Eka Buddhih



そこには、迷うことのない一つの知性がある

行き先は、はっきりとしている


そして毎日の祈り


祈りを通して、心は成長していく


ヨーガという生き方がここにはある


Om Tat Sat





teitte-insta-flicker_03.jpg
teitte-insta-flicker_02.jpg


Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar