Profile Story Class Workshop KIDSyoga Film Coantact

こたつ会議 8回目に出演。
〈 レポート〉



こたつ会議 8回目(7/9)に出演
させていただきました。

http://kc-i.jp/activity/kotatsu/vol08/





前半は、落語家の桂福丸さんからインタビューを受け、その後

本場インドのヨーガの教えとワークショップを開催させていただきました。
当日の朝まで凄い勢いで降っていた雨は、空気を浄化してくれたかのように、清々しくぴたっと止み、

大阪グランフロント ナレッジキプラザに敷き詰められた畳が、なんだか心地よく、参加された皆さんと共にゆったりとWSを展開しました。




「水曜日どーでしょう」エグゼクティブ・ディレクター藤村忠寿さん、奇界遺産フォトグラファー佐藤健寿さん、アフリカケニアのニャティティ奏者Anyangoさんとともに
「深感覚を、呼びさませ!」をテーマにしたトークライブは、素晴らしい出演者の方々とまさにOMOSIROI時間でした。



都会の真ん中で、ヨーガや祈り、イーシュワラのお話しをさせていただける機会に恵まれたことを嬉しく思います。

あの場におられた全ての方々、関係者、スタッフの皆様ありがとうございました。

Om Tat Sat.


スーリヤナマスカーラ・太陽礼拝

 

 

聖地ヴァラナシ ガンジスの朝

スーリヤナマスカーラ

 

 

 

 


磨きをかける生き方



Reflection.

今 私に見える世界は
私の考えに映し出された世界

考えが整い、クリアになればなるほど、ありのままの世界を映し出すことができる。

存在に存在を与えている 存在、

バガヴァーンを理解すること。

身体、考えを道具として、日々の生活全てに磨きをかける生き方
それがヨーガ。

Om.
 


OMOSHIROI こたつ会議 トークイベント

大阪グランフロントにて開催される
「こたつ会議」に出演します。




http://kc-i.jp/activity/kotatsu/vol08/

○こたつ会議とは?
時代を動かしていくオピニオンリーダー達が、巨大なこたつを囲んで「OMOSIROI」について考え、

探っていくトークイベントです。

8回目となる今回のこたつ会議は様々なスペシャルゲストが「深感覚」をテーマに、

未知なる世界の OMOSIROI についてトークを展開。

〜OMOSIROI こたつ会議8回目〜
2016年7月9日(土)
14:00〜19:00(13:30 開場)

◇開催場所
ナレッジプラザ / グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル 1F

◇参加費 無料

◇出演者
・藤村忠寿 / こたつ会議亭主 (水曜どうでしょうエグゼクティブ・ディレクター)
・佐藤健寿(奇界遺産フォトグラファー)
・アムリタトシ(ヨーガの実践者)
・Anyango(アニャンゴ)

◇本場インドのヨーガの教えとワークショップ … 当日受付 / 先着100名様

ケニアの伝統楽器 ニャティティ演奏会 … 当日受付 / 先着250名様

踊って楽しい!見て楽しい!サイレント阿波おどり … 当日受付 / 先着150名様

トリップパワースポット「巨大奇界写真展示」 … 自由観覧


注意事項

※体験コンテンツへご参加の場合、当日は動きやすい服装でお越しください。
※館内に着替えの場所はご用意しておりません。共用トイレ等でのお着替えもご遠慮ください。


主催
一般社団法人ナレッジキャピタル
株式会社KMO


〜 スケジュール 〜
13:30 開場
14:00
ゲストインタビュー 1 「アムリタトシ」
14:15
ヨーガの教えとワークショップ
15:00
ゲストインタビュー 2 「Anyango - ニャティティ演奏会」
15:30
ゲストインタビュー 3 「佐藤 健寿」
16:15
こたつ会議 8回目開始
17:50
こたつ会議 8回目終了
18:00
サイレント阿波おどり
19:00
終了


Yoga Studio Tamisa 7/2(sat)



ヨーガを一歩深めたい全ての方へ。


7/2(土) Yoga Study Basic

Yoga Studio Tamisa 京都にて

伝統のヨーガを基礎から総合的に学ぶ

1日講座を開催します。


当日はTamisa Cosy Cafeのスペシャルランチをご用意致します。

是非お越し下さい。

 

 

 

http://ws.tamisa.jp/?pid=102631712


 

 

 


調和して生きること。

全体宇宙の秩序と調和していきること。

それは、私の身体と心と調和して生きること。

全体宇宙から離れているものはなく、そこに私もあなたも、自然もありとあらゆる生き物も、

この世界も、含まれている。



私たちは、この世界、事象を記憶に基づいた考えによって普段捉えている。

そう、主観で見ている。
主観で世界を見る時、そこに個人の私がある。

個人の私は、多少の差はあれ、限界がある存在であると言われている。

一国の首相であれ、大企業の社長であれ、一流アスリートであれ、それぞれに限界はある。

インドという国は、その限界(存在)に存在を与えている存在を理解している国。

源、本質が何かを知っている。

それは、イーシュワラ
司る者 と言う名で呼ばれている。

ヨーガ・スートラ 第2章 ニヤマ(ヨーガの実践者が追求するべきこと)にもはっきりと、
イーシュワラプラニダーナが教えられている。

聖典を伝統的な方法で学んだ先生から、学べば迷うこともなく、シンプル、クリアにその意味を理解できる。

イーシュワラを理解して、その態度と姿勢を養っていくことが、ヨーガの要になる。
と言うよりも、イーシュワラの理解なしにヨーガの実践はありえない。

これは、聖典が教えている大切なこと。

全体宇宙イーシュワラに目が向くと、世界を客観的に捉える力が育まれていき、

私個人の限界のある考えも、リラックスして見ることが出来るようになる。

そこには、大きな安心がある。

悩み、緊張、プレッシャーから少しづつ解放されていき、考えの束縛から自由な、真の私を発見してくことが出来る。

まずは、全体宇宙と調和していくことを日常生活に取り入れてみる。

今、与えられた役割を果たし、
アヒムサーを実践し、
貢献を最大限に行う。

ゆっくりと。


Om.


 


宇宙の法則


祈りは、行い
行いは必ず結果を生む
それが、宇宙の法則

ヨーガとは、行為の結果に左右されない生き方

やるだけのことをやったら後は、

全体宇宙イーシュワラに祈り、

そして結果を宇宙からの答えとして受けとる

結果は私の範疇にはない

この意味を真に理解すれば、いつもリラックスしてやりとげられる

Om.

Instagram 抜粋


気づき

namah-shivaya.come

自然や宇宙と言うとどのようなイメージを持つだろうか?

少しイメージをしてみる


人によって様々だが、
山や川や海、地球、星、銀河などを思い浮かべる人は少なくない

私たちは、日々の暮らしの中で、認識しているか、していないかに関わらず、自然も含めた宇宙と毎日接している

太陽は昇り、沈み、月があらわれ、空には満天の星たちが輝く

本当は、地球が自転、公転しながら太陽の周りを回っているので、太陽が昇ったり沈んだりしているようにみえる

風が吹き、雲があらわれ、雨が降り大地を潤し、太陽の光とともに生き物は成長する

そして虹がでる



私たちは、ありとあらゆる宇宙の法則とともにいつも一緒にいるのだ

そう、今この瞬間も

そして
忘れてはならないこと

その自然や宇宙と言った時に

私の身体と考えも含まれているということ

身体や心は、宇宙そのもの
何一つとしてそこから離れているものはない

私の生活行動の全ては、全体宇宙とのコミュニケーション

行いは必ず結果を生む

私の行為が、宇宙に投げ入れられ
ありとあらゆる法則が働き
結果としての答えが宇宙から与えられる

その結果を受けとる態度と姿勢をヨーガという生き方で育くむ

日々の暮らしの中で、見つめ、気づき、深めていきたい大切なこと

Om Tat Sat.

Shiva Shakti.


One without second.

アルダナーリーシュワラは、

二つで一つでなく

全ては一つ

を象徴する

Om.


優先されること


インドでは、人々は、南から北を目指ざし巡礼する

南は、行いダルマを実践する
それゆえ儀式やヴェーダの習慣がしっかりと今も色濃く残っている。

北は、モークシャ-知識の象徴であると言われる。

ヴェーダの伝統的な教えを純粋なものに整え直した
アーディ・シャンカラは
南インドケーララで生まれ、カイラスを含めたインド国内を巡礼した後、
現ウッタラカンド、ケダルナートにて肉体を離れる。


ヴェーダは最後に教える
なりたかった私でなかったことなど
一度もなかったのだよと。

なりたかった私はすでに達成されていて、幸せは今ここにあると。

私と世界と全体宇宙は一つであると。


私自身が、
私の本質を理解し、深めていくことで
満たされない私の思いは解決されていき、

人生において、優先されることがはっきりとしていく。

Om tat sat.




teitte-insta-flicker_03.jpg
teitte-insta-flicker_02.jpg


Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar