Profile Story Class Workshop KIDSyoga Film Coantact

【レポート】Yoga&Ayurveda&Meals 〜インドの風を感じる日〜

本場南インドケーララの講師を招いてのYoga&Ayurveda&Meals

〜インドの風を感じる日〜

先日、満員御礼で8/21(日)に滋賀県安土 西の湖で開催させていただきました。

びわ湖最大の内湖 西の湖はとても美しいところです                                 (アーユルヴェーダハーブトゥルシ―)

◇ヨーガ

まずは、

インドの源であり、今もなお変わらず、伝統的な方法で教え継がれて「ヴェーダ」について。

そして、それに基づいたヨーガの本質のお話。


身体と心は 私の道具。

考えを整えるためにヨーガの実践は存在しています。

アーサナヨーガは瞑想するためのリラックスした身体をコンディショニングするためにあります。

聖典の言葉を理解するには、考えの準備が必要であり、

そのための生き方がヨーガであると伝統的には教えられています。

皆さん、リラックスしながらも、とても集中されながら終始実践されておられました。

◇ランチタイム

 

                             私も一緒にサーブさせていただきました

南インドケーララ出身アーユルヴェーダセラピストでもあるSuni氏。

長年の生活から、紡ぎだされる、伝統的な知恵に基ずくミールスランチをいただきます!

◇アーユルヴェーダライフとは?

〜ディナチャリアについて〜

幼小期歩けなかったのをアーユルヴェーダマッサージによって回復した

お話からはじまり、祖父母のハーブの仕事、日々のライフスタイルを、

現地ならではのエピソードをふまえながら、シンプルにリラックスして

調和して生きるためのアーユルヴェーダの智慧のお話。

今回遠くは、富山県からお越し下さり、福井県、三重県、奈良県、京都、

大阪、神戸、滋賀など沢山の地域から来て下さいました。

参加していただきました皆様ありがとうございました。

そう言えば。
前回の南インドケーララリトリートで実際にSuni氏に会われた方も、今回のWSには数名おられ、

インドと日本での繋がりがますます深くなってきているなと感じました。

今後も、この自然豊かな美しい滋賀を中心に、インドの叡智に根差した、本場のWSを開いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

合掌

                 


【レポート】Men's Yoga Event
皆さんこんにちは。

いつもサイトをご覧下さりありがとうございます。

先日、Yoga Academy Osaka主催の関西初の男性だけに向けたヨーガイベントに講師として参加させていただきました。

AppleやGoogle、トップアスリートの方々もヨーガの叡智を取り入れそれぞれの実践に活かされていることは、近年ヨーガが一般的に広がりを見せる中で話題にあがることですが、
まだまだ、男性の実践者は少ないのが現状です。

本場インドでは、多くの男性が生活としてヨーガを実践しています。

今回は、6クラス開催される中で、
「気づきの瞑想とヨーガの宇宙観」を担当させていただきました。



そもそも、ヨーガとは伝統的にどのようなものなのか。
そのライフスタイルとは?からはじまりその目的、アーサナの意味、そして瞑想の本来の意味、方法をお伝えさせていただきました。



アーサナは、瞑想で48分間まず座れる身体を整えるために存在し、

本来、瞑想は伝統的な方法で聖典を学び、ブラフマンが何かを理解している先生のガイドに従って、その意味を深めていきます。

瞑想 をするには、瞑想できる準備が整っていないとそれは、ただの集中になってしまいます。

瞑想は全体宇宙を理解し、私自身の意味を深めていくこと。

その準備として、アーサナや呼吸法が存在していると教えられています。



今回初開催でありながら、沢山の男性の実践者方々にお会いできたことは、とても嬉しく、
そして現代社会においても男性がヨーガを深めていくことの素晴らしさと可能性を改めて考えさせられた1日でした。

これから益々この輪が広がっていくことで、関西、そして日本社会にとっても素晴らしい影響が生まれていくなと感じます。

参加していただいた、皆様ありがとうございました。


Om



Yoga×Ayuruveda&Meals 8/21

南インドから待望の講師がやって来ます○


キャンセル待ち受け付けのみ。




Yoga×Ayurveda&Meals

 

〜インドの風を感じる〜

 

 

 

ヨーガもアーユルヴェーダもインドに伝わるヴェーダという知識体 がルーツです。
そこには、 人が幸せに生きるための叡智があります。
India Garace Journey にて参加者をうならせた、南インドケーララ出身の講師を招き、 アーユルヴェーダにもとづく伝統的なミールスを味わい、その叡智を学びながら、幸せに生きる「ライフスタイル」 を一つの知識から紐解いていきます。

 

 

2016 8/21(sun)

〜スケジュール〜

10:00〜12:00 (AmritaToshi)
 

 

 

ヴェーダとは?(お話し)
ヨーガアーサナ、気づきの瞑想

 

12:30〜 本番南インドミールスランチ


 

 

 

14:30〜15:30 (Suni from kerala)
 

アーユルヴェーダ的ライフスタイルとは?
 

(スケジュールは変更になることがあります)
 

◇定員 18名限定  キャンセル待ち受け付けのみ。

 

◇参加費(税込)

早割¥8500(7月30までのお申し込み) 以降¥9500

 

 

 

◇場所


滋賀県安土 西の湖 ステーション

 

◇お問い合わせ、お申込み

 


件名「AMRITA YOGA SHALA 申し込み」「Yoga&Ayurveda 」お名前、メールアドレス、 ご連絡先電話番号を記載して下さい。

折り返しこちらより、詳細をお送り致します。

 

 

 

 

こちらからのお申込みも可能です→
 
◇Ayurveda&Meals

Suni (スニ ) from Kerala


Maitrii homeメインシェフ
 
インド政府認定アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト
幼少の頃から自然とアーユルヴェーダのあたたかさに触れて育つ。 彼は生まれながらに方脚にハンデがあり、
歩けない状態だった脚をアーユルヴェーダトリートメントによって 取り戻した。
毎日受けていた祖父からのマッサージのテクニックと愛情が現在の 彼のトリートメントには込められている。
現在はMaitriiHomeにて自然に還る食、 アーユルヴェーダトリートメントを提供。
その他アーユルヴェーダトリートメント指導、 心身に優しいクッキングクラスを開催。

 

アーユルヴェーダと共に生活。

 

◇Yoga

Amrita Toshi (アムリタ トシ)
 

2002年インドにてヨーガに出会う。Sri M.L Sonkarに師事し本質を学んだ後、

 

京都大学でインド哲学を2年間専修する。
年間の1/4はインドに滞在し、現在は、ヴェーダが最後に教える知識、 Vedantaをアシュラムで学び、
アーサナとプラーナーヤーマを、 アシュターンガサーティファイドRolf Noujokat&

 

情熱的にアイアンガースタイルを伝えるMarci Noujokat の二人から統合された実践を積んでいる。

 
2016年、リシケシのアシュラムおいて、 日本人初となるヨーガクラスを担当。
 
関西を拠点にし、一円でのレギュラークラス、WS、Yoga Study Camp,インドリトリート、
 
インド総領事館共催のイベント出演など活動は多岐にわたる。
普遍的真理を軸にライフスタイルとしてのヨーガを総合的にシェア している。
 
 

 

 


AMRITA2106
【終了致しました。】
当日の様子はこちらをご覧ください→
在大阪・神戸インド総領事館の後援を頂きました。

満員御礼!
ありがとうございます。



अमृत アムリタ

ヨーガと古典音楽の世界

母なる国インドの叡智にふれる〜祈りとその恩寵〜


2016 7/16(土) at 京都永運院



◇時間

14:00開場

14:30開始


○1部 14:30〜15:45
インドの宇宙観にみるヨーガの本質と幸せの意味(座学)

インドという国に脈々と教え継がれる、知識体ヴェーダ。

それは、ヨーガの本質、生まれてきた目的、人生においての本当の幸せの意味を教えています。
その真実の知識を理解するためのライフスタイルが、伝統的にヨーガと呼ばれています。
自分の生活行動の全てが、心の成長を深めるものへと変化していきます。
その宇宙観を、ゆっくりと紐解いていきます。


○2部 16:15〜18:15

インド古典音楽コンサート

タブラ、シタール、バーンスリー
による北インド古典音楽

○3部 18:45〜19:15
Indian Traditional Fusion AMRITA Live.

マントラ、アーサナ、古典音楽からなるフュージョングループ。毎年、西日本最大級のインディア・メーラーに出演し、
4人の持ち味が一つになり、伝統的な実践が統合された新たな境地を発揮している。

iPhoneImage.png

スケジュールは変更になることがあります)

◇参加費

前売り¥4000 当日¥5000
*定員になり次第締め切らせていただきます。 満員御礼

場所
永運院

京都市左京区黒谷町33(金戒光明寺境内)
◇お申込み、お問い合わせ
amritayogashala@gmail.com


HP上のお問い合わせ欄からも可能です。→こちら

件名「AMRITA2016」 お名前、メールアドレス、ご連絡先電話番号
上記内容を明記しご送信下さい。

こちらから振り込み先、詳細をお知らせ致します。
7日以内に参加費をお振り込みいただき、入金の確認が出来次第正式にお申込み完了となります。


◇プロフィール



*Amrita Toshi


2002年インドにてヨーガに出会う。
Sri M.L Sonkarに師事し本質を学びその後、京都大学でインド哲学を2年間専修する。
年間の1/4はインドに滞在し、現在は、ヴェーダが最後に教えるヨーガのゴールVedantaをアシュラムで学び、
アーサナとプラーナーヤーマを、アシュターンガサーティファイドRolf Noujokat&

情熱的にアイアンガースタイルを伝えるMarci Noujokat の二人から統合された実践を積んでいる。

普遍的真理を軸にライフスタイルとしてのヨーガを総合的にシェアしている。

2016年、リシケシのアシュラムおいて、日本人初となるヨーガクラスを担当。

関西を拠点にし、一円でのレギュラークラス、WS、Yoga Study Camp,インドリトリート、
インド総領事館共催のイベント出演など活動は多岐にわたる。

*岩下洋平(シタール)

インド音楽の未知なる世界に惹かれ2003年から田中峰彦氏より手ほどきを受ける。

翌年よりインドの聖地ベナレスにてシタール奏者アマルナートミシュラ氏、声楽家デヴァシーシデイ氏に師事。2005年のドゥルワナートミシュラ氏の九州ツアーでの共演以降、関西を中心インド古典、歌ものユニット「harehare」等活動中。滋賀在住。
*松本こうすけ

十代の頃からベース、パーカッションを始め、バンドやダブユニット等で活動をする。
02年インド滞在中に打楽器タブラに魅了され、04年よりバラナシにてKishor Mishraに師事し以後通い続ける。

のちにカルカッタにてSubhankar Banerjeeの演奏に感銘を受け、08年から師事する。

インド音楽の演奏活動を中心に、Fernando Kabusacki、今沢カゲロウ等々、幅広いジャンルのミュージシャンとも共演し、タブラの可能性を追及している。
*Gumi(バーンスリー)

2006年より毎年渡印し、バラナシにてインド古典声楽やバーンスリー(横笛)をはじめる。2008年からCarlos Guerra氏より、
2012年よりPt.Ajay Prasanna氏からバーンスリーを師事。

バーンスリーの師匠のみならず、声楽のPt.Devashish Dey氏、シタール奏者のSri Dhurvanath Mishra氏にも師事し、
様々なスタイルの古典音楽からバーンスリーを学ぶことにより、幅の広い演奏を研究している。2013年『When it Blooms』を初のリーダーアルバムとして発売。

2015年には、ピアニスト岸本良平氏とデュオ作となる『Just So...』を発売。
奏者としての活動のみならず、北インド古典音楽講座、バーンスリー教室の講師を務め、
バーンスリーをはじめとするインド古典音楽の普及に努める。関西・インド・台湾にて活動 
Namaste!Group主宰 、キールタンイベント・Heart Gathering***主宰。
http://www.gumi-bansuri.com/


こたつ会議 8回目に出演。
〈 レポート〉



こたつ会議 8回目(7/9)に出演
させていただきました。

http://kc-i.jp/activity/kotatsu/vol08/





前半は、落語家の桂福丸さんからインタビューを受け、その後

本場インドのヨーガの教えとワークショップを開催させていただきました。
当日の朝まで凄い勢いで降っていた雨は、空気を浄化してくれたかのように、清々しくぴたっと止み、

大阪グランフロント ナレッジキプラザに敷き詰められた畳が、なんだか心地よく、参加された皆さんと共にゆったりとWSを展開しました。




「水曜日どーでしょう」エグゼクティブ・ディレクター藤村忠寿さん、奇界遺産フォトグラファー佐藤健寿さん、アフリカケニアのニャティティ奏者Anyangoさんとともに
「深感覚を、呼びさませ!」をテーマにしたトークライブは、素晴らしい出演者の方々とまさにOMOSIROI時間でした。



都会の真ん中で、ヨーガや祈り、イーシュワラのお話しをさせていただける機会に恵まれたことを嬉しく思います。

あの場におられた全ての方々、関係者、スタッフの皆様ありがとうございました。

Om Tat Sat.


Spring 2016 Kansai ws info


an Awakening of Yoga Life in Kansai
〜ヨーガの本質と実践〜

帰国後、春は地元関西からゆっくりと、インドで直接学んだことをシェアしていきます。

伝統的な知識に基づいて、ヨーガの本質と実践をリラックスしてクリアに学ぶ総合講座を関西からスタートします。

ご参加お待ちしていきます。


◇スケジュール

*4/23(日) SpiritYogaStudio@大阪

パワーストーンが輝きを放つ、国際色豊かなスタジオ
ヨーガの宇宙観を学ぶ1日集中講座


*4/29(祝金) Nadi北山@京都

京都の北山にあるオシャレで落ち着いた雰囲気のスタジオ


*5/7.8(土.日) StudioSundari@神戸

長年お世話になっている老舗のスタジオ

*6/18.19(土.日) Tamisa@京都→ 7/2に変更になりました!

http://ws.tamisa.jp/?pid=102631712


Inner Revolution

インドという国に、伝統という形で教え継がれている、ヴェーダと呼ばれる知識体。

それは、生まれてきた目的、人生においての本当の幸せの意味を教えています。

その真実の知識を理解するためのライフスタイルが伝統的にヨーガと呼ばれています。

自分の生活行動の全てが、心の成長を深めるヨーガへと変容していくのです。





 

2015 Winter WS Info.

2015 12月 WS スケジュール
〜伝統的なヨーガの本質を学び一歩深める〜


◇12/12(sat) SUNDARI

Session1
パンチャコーシャ、5つの勘違いの鞘を知り、私の本質を理解する

Session2
宇宙全体を現すOm(オーム)の理解と、
ジャパンマントラと祈りのヨーガ

http://news.yoga-sundari.com/?eid=984

◇12/27(sun) Spirit Yoga

毎年恒例、Haidar氏とのコラボ
心の浄化WS

アーサナ、プラーナーヤーマ、ジャパマントラ、瞑想を実践しながら、心を浄化し整えていく3時間。

http://spirityogastudio.com/event/workshop/kokoronojouka-haidar-toshi.html


ゆっくりとリラックスしながら、生き方としてのヨーガが日々の生活に浸透していきますように。

皆さんにお会い出来ることを楽しみにしています。


Om Tat Sat

Summer&Autumn WS


0823 水と木の祭り at 滋賀

久しぶりのミュージックフェスでのモーニングヨーガ。
2年に一度現れる、マルシェ、音楽、びわ湖を味う、ローカルフェス
http://mizutokinomatsuri.asia

0912-13 YogaStudyCamp2015 at 滋賀

琵琶湖畔で開催する、ヨーガ、知識、インド古典音楽、食、自然を堪能し、ライフスタイルとしてのヨーガを学ぶ充実の2日間
http://namah-shivaya.jugem.jp/?cid=31

0926 シンプルに生きるためのヨーガ
at 大分別府 山田別荘

九州初開催! ヨーガを総合的に学ぶ講座
http://aromalys.exblog.jp/24562656/

1011 IndiaMela2015 at 神戸

毎年、のべ15万人以上が訪れる西日本最大級のインドの祭典
AMRITAで出演予定
http://indiamela.so-good.jp

1017 ヨガスマイル2015秋

建仁寺塔頭両足院で開催されるフェス
http://www.yogasmile.jp/

1105-1112 IndiaGraceJourney

南インドケーララで、ヨーガ、アーユルヴェーダ、音楽、食、現地の人々の暮らし、巡礼を味わう。アラビア海を一望する施設で開催するインドリトリート☆
http://namah-shivaya.jugem.jp/?cid=30

1122 SpiritYogaFestival2015 at 大阪
http://osakaspiritfestival.jp/



今年は、九州での初WSも開催致します。
10月〜はスピリットヨガスタジオTTC20thが開催されます。
ヨーガ哲学講師として参加させていただきます。

ご参加心よりお待ちしています。

そして、一緒に楽しみましょう。

Om Isvaraya Namah

Yoga×Music 京都禅寺


京都嵯峨野厭離庵にて、インド古典楽器サントゥールの奏者ジミー宮下氏とのヨーガと音楽のコラボレーションWS

「インドの宇宙観を体感する」を開催しました。






インド発祥のヨーガという生き方と古典音楽ナーダヨーガそして、日本の禅、同じ普遍の真理に通じる道が結ばれた瞬間。

厭離庵の住職ともお話しさせていたただく機会がありましたが、シンプルでとても素晴らしい方です。

ヨーガという生き方の中で、瞑想と訳されるサンスクリット語のディヤーナは、中国に渡り禅那となり、日本に禅として伝わったと言われており、南インドの僧であったボーディダルマ(菩提達磨禅師)が中国禅の開祖とされています。

まさに、ルーツを辿るようなひととき。



ヨーガの全体像を学ぶ座学の時間
知識を理解することにより、客観性が育まれ、迷いのないプラクティスにつながります。



本堂。
静けさと鳥たちのさえずりが、まるでサントゥールの音の波動と共鳴しているかのような中、深いアーサナプラクティスとロングシャバーサナ、瞑想を実践しました。


サットサンガ。
その日学び、感じたことを深めるひととき。



インドをとおして日本の禅文化に触れる
贅沢で、深く心に残るひとときでした。

Om Isvaraya Namah.

Yoga×Music滋賀大津公会堂ホール



ヨーガとは、ライフスタイル、生き方のこと。

私と、この世界と宇宙と調和しながら、限界がなく、真に自由で満ちている、本来の私自身を理解する。

毎日一瞬一瞬の行いが、ただの行動から、ヨーガになっていく。

身体と考えを道具として使う私。
第一部は、その意味をインド伝統の教えにもとづきながら紐解いていきました。



第二部はインド古典楽器サントゥールの光り輝く音色を全身に感じながら、リラックスしてアーサナヨーガを味わい、ロングシャバーサナで、深く身体、心の波動をクリアにし明け渡す。
そして瞑想。
イーシュワラの光りがよりはっきりと輝き始める。

本当に贅沢なひととき。








びわ湖をバックに、素晴らしいバイブレーションに満ちた空間でした。
参加者の方からは、

「ヨーガアーサナとサントゥールを同時に味わう、まるで王様になったような、贅沢で心地よいひとときでした」

「短い時間の中で、ヨーガの宇宙観が、まとまりのあるお話しで分かりやすかった」

「人生で初めてヨーガを体験しましたが、とても充実した気持ち良い時間でした」etc.

など嬉しいお言葉をいただきました。

次回は6/21京都開催です。
只今、キャンセル待ちになっています。

これからも、普遍的なインドの伝統を軸に、ゆっくりとその叡智の輪が広がっていくことを願います。

Om isvaraya namah





teitte-insta-flicker_03.jpg
teitte-insta-flicker_02.jpg


Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar