Profile Story Class Workshop KIDSyoga Film Coantact

日吉大社×ヨーガ〜神仏の息吹を感じる〜
お待たせ致しました!


日吉大社 × ヨーガ
〜神仏の息吹を感じる〜

2017 10/22(Sun)

日々の生活で知らず知らずのうちに行った穢れを祓い、山王権現のご神徳を給わり、ヨーガの叡智を学ぶ、深くて充実したひとときを。

日本のお茶の発祥は比叡山を開いた伝教大師最澄が西暦805年にもたらし、 その由緒が日吉大社の日吉茶園として今日に伝えられています。
神仏習合の軌跡、そして豊かな自然と水が巡る素晴らしい神社です。

◇ご由緒
比叡山の麓に鎮座する当大社は、およそ2100年前、崇神天皇7年に創祀された、 全国3800余の日吉・日枝・山王神社の総本宮です。
平安京遷都の際には、この地が都の表鬼門(北東)にあたることから、都の魔除・災難除を祈る社として、 また伝教大師が比叡山に延暦寺を開かれてよりは天台宗の護法神として多くの方から崇敬を受け、 今日に至っています。 (日吉大社HP抜粋)

◇ご神徳
方除け・厄除け・縁結び・家内安全・夫婦和合・商売繁盛等

◇参加費 6000円
【東本宮でのご祈祷・ヨーガ講座・入苑料が含まれています】

◇定員 25名限定
(定員になり次第締め切らせていただきます)

〜お問い合わせ・お申し込み 〜
HPお問い合わせ欄から。
もしくは、
amritayogashala@gmail.com

件名「日吉大社×ヨーガ」お名前、メールアドレス、 ご連絡先電話番号を記載して下さい。
折り返しこちらより、詳細をお送り致します。
(数日たっても返信がない場合はお手数ですが、再度ご連絡下さい。)

・携帯メールの方は、こちらからの連絡が届くように調整をお願い致します。


◇ヨーガ講師
Amrita Toshi(アムリタ トシ)
2002年インドにてヨーガに出会う。
Sri M.L Sonkarに師事し寝食を共にしながら本質を学び、京都大学でインド哲学を2年間専修。 12年以上渡印を続け学びを深めている。現在は、年間の1/3をインドで過ごし、伝統的なヴェーダの叡智をアーシュラムで学び、
アシュターンガとアイアンガースタイルの統合されたアーサナとプラーナーヤーマをRolf&Marci Naujokatのもとで実践している。

リシケーシュのアーシュラムにおいて日本人初となるヨーガクラスを担当。
関西を拠点にし、指導者講座、WS、神社仏閣でのクラス、インドリトリート、インド総領事館後援のイベント主催など活動は多岐にわたる。

普遍的真理を軸にライフスタイルとしてのヨーガを総合的にシェアしている。

HP:http://www.namah-shivaya.com/
FB:https://m.facebook.com/amritayogashala/


『男のヨガ』宝島社


『男のヨガ』宝島社

7/31より全国大手書店ならびアマゾンにて発売中。

更科有哉先生監修の本の中で
瞑想と呼吸を4ページ担当させていただきました。

他にも、様々な分野で活躍する方々が掲載されています。

この本が、ヨーガを実践する全ての方々のキッカケになれば幸いです。

是非ご覧下さい。

合掌

霊峰比叡山ヨーガリトリート


7月の満月に開催された、 霊峰比叡山ヨーガリトリート

全行程の写真はこちらから→比叡山

日本仏教の母なる山。
今回、ご縁をいただき初めてヨーガのリトリートを開催させていただきました。


伝教大師最澄の祈りが今も続く、 1200年変わらず人々を照らす不滅の法灯。


世界遺産での早朝の坐禅や勤行、法話 を住職からお聴きし、改めて幸せや、真理について、人類に共通した思いを感じざるおえませんでした。(堂内での様子は、撮影禁止のためありません)


天候にも恵まれ、琵琶湖に写る美しい満月も私たちを迎え入れてくれているようでした。

人類に共通した祈りの実践が、 ヨーガを通してインドと日本を繋いでくれていることを深く体感した素晴らしい2日間でした。


ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

10/22(sun)は比叡山麓、 神仏の息吹を感じる日吉大社にてヨーガWSを開催致します。

是非お越し下さい。

合掌

International Day of Yoga in Kyoto




先月、平安神宮参道とみやこめっせで開催された、国際ヨーガの日のイベント。

関西では最大の規模の祭典。
平安神宮参道前では、1300人もの人々が、鳥居をバックに一緒にヨーガを味わう文化宗教都市である京都ならではの素晴らしいひとときでした。

みやこめっせでのYoga Liveでは、関西で活動する講師が様々なクラスを展開。 関西ヨーガシーンの盛り上がりを感じる1日でした。

Amrita Toshiも講師として参加させていただきました。 クラスチケットは、Sold Out.
約130名の方々に毎年インド学んでいるヨーガをシェアさせていただきました。 参加していただきました皆様ありがとうございました。

そして、
情熱を持ってイベントを支えた下さった、実行委員会ならびに、関係者の皆様ありがとうございました。

来年は神戸で開催されます。


合掌


気持ち新たに。


大祓を終え下半期に入りましたね。
いつも、新鮮な気持ちを忘れず、日々を大切に過ごしていきたいですね。

思いやりと共感を育みながら、全体宇宙との調和を選択し、 自身の役割を使って最大限社会に貢献していく。

どれだけ手にしたかでなく、どれだけ与えることができたかが、人生においての優先順位にあがった豊かな生き方をこれからも深めていきたいですね。

皆様の下半期の、ご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。

合掌

〜お知らせ〜
今週開催の霊峰比叡リトリート、
8/20 Yoga×Ayurveda Life(キャンセル待ち受付)
おかげ様で満員御礼になりました。
いつもありがとうございます。


◇10/22(sun)には、日吉大社×ヨーガを今年も開催させていただきます。


Yoga×Ayurveda Life 2017.
終了致しました。来年も開催を予定しております。





Yoga×Āyurveda Life.
〜インドの風を感じる1日〜


南インドケーララより講師を招いて、現地ならではの生き方の知恵を学びます。

2017 8/20(sun) at いい暮らしの森 滋賀

◇時間 9:30〜16:30

◇内容
・アーサナヨーガ,呼吸法,瞑想
・ヨーガの教え(座学)
・南インドミールス(昼食)
・ケーララスタイルチャイの入れ方(クッキングクラス)
・アーユルヴェーダの叡智に基づく サトヴィックな食、ライフスタイルについて(トーク)
(スケジュールは場合によって変更になることがあります)


◇定員 16名限定(定員に達し次第締め切らせていただきます)

◇参加費 ¥12000(税込)

◇開催場所  いい暮らしの森 滋賀彦根


〜講師〜


◇Suni スニ

インド政府認定アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト

幼少の頃から自然とアーユルヴェーダのあたたかさに触れて育つ。
彼は生まれながらに方脚にハンデがあり、歩けない状態だった脚をトリートメントによって取り戻した。
毎日受けていた祖父からのマッサージのテクニックと愛情が現在の彼のトリートメントには込められている。

ロシア、ダラムシャラ、日本でのトリートメントを経験を生かし、現在はMaitriiHomeにてアビヤンガ指導
アーユルヴェーダオイル指導行う他、家族と共にアーユルヴェーダが根付いたケーララの文化を伝え、 心身に優しいクッキングクラスなどを世界各地の友に向けて開催しアーユルヴェーダと共に生活。


◇Amrita Toshi(アムリタ トシ)


2002年インドにてヨーガに出会う。
Sri M.L Sonkarに師事し寝食を共にしながら本質を学び、京都大学でインド哲学を2年間専修。
12年以上渡印を続け学びを深めている。
現在は、年間の1/3をインドで過ごし、伝統的なヴェーダの叡智をアーシュラムで学び、
アシュターンガとアイアンガースタイルの統合されたアーサナとプラーナーヤーマをRolf&Marci Naujokatのもとで実践している。
リシケーシュのアーシュラムにおいて日本人初となるヨーガクラスを担当。
関西を拠点にし、指導者講座、WS、神社仏閣でのクラス、インドリトリート、インド総領事館後援のイベント主催など活動は多岐にわたる。
普遍的真理を軸にライフスタイルとしてのヨーガを総合的にシェアしている。


〜お問い合わせ.お申し込み〜
amritayogashala@gmail.com

件名に「Yoga×Ayurveda2017」,お名前,電話番号,参加人数を明記し ご送信下さい。

こちらから詳細をお送り致します。

(携帯メールの場合、メールブロック対策などによりこちらからの送信が届かないことがありますので、調整をお願い致します。)

HP上のお問い合わせからでも可能です→


夏至/Summer Solstice.


Summer Solstice.
International day of Yoga.
夏至 一年を通してもっとも昼が長く夜が短い日。

私たちは、惑星地球に住み、いつも宇宙の法則と共にあることを実感することができますね。

私と宇宙は離れたものでなく、私もこの全体宇宙に含まれているということが真実です。

そして、今日は国連で受理された国際ヨーガの日。

先日、京都で開催されたイベントには、何千人もの人々が参加されており、 関西のヨーガシーンの深まりも改めて感じた1日でした。

ヨーガは日々の積み重ね実践が大切です。

ライフスタイルとしてそれが定着していけば素晴らしいですね。
じっくりとゆっくりと、リラックスしながらその教えを深めていきたいですね。

Harih Om.
(photo regular class Osaka at Spirt Yoga )



南インドケーララリトリート
満員御礼


India Grace Journey 南インド 2017 11/2〜11/9 8days
ケーララ&インド最南端カニャークマリ


〜感じる・ 気づく・ 祝福に満ちた旅 〜 with Amrita Toshi


ヨーガ・アーユルヴェーダ・伝統文化を堪能する充実の8日



インドやヨーガが初めての方にも安心して参加していただけるように全日程は計画されています。
経験者の方にとっては、ヨーガという生き方を深める恰好のひとときとなるでしょう。


○ケーララ州について

南インドケーララはココナッツを代表とする南国の緑が美しく、
アラビア海に面した透明感のあるビーチが広がっています。
スバイスでも有名な場所です。
あらゆる宗教の人々が、調和しながら暮らしていることで、
" God's Own Country"とも呼ばれています。
伝統文化が色濃く残り、どこか懐かしさをおぼえる人々の優しい笑顔は、
ゆったりとした時間の流れを感じさせてくれます。

○インド最南端カニャークマリについて

コモリ岬と呼ばれるこの地は、インドで唯一朝日と夕日を拝むことができる場所であり、
今も多くの巡礼者が訪れるインド最南端の聖地です。
人々を魅了してやまない、女神カニャークマリが変わることなく暖かく人々を受け入れています。
岬の先には、インドを代表する聖者スワミヴィヴェーカーナンダロック島があり、お寺の中には瞑想センターがあります。

○滞在エリアについて

Varkala(ヴァルカラ)は、
通称クリフと呼ばれる、夕日が沈む海を臨む、 崖沿いにある町並みが有名です。
長い年月をかけて出来上がった自然の軌跡を、ダイレクトに味わうことができます。
また、約2千年前に建てられた寺院は、 祈りと共に暮らす人々の生活の中に、今もなお生きています。


南国ならではのトロピカルな雰囲気と、インドの伝統を兼ね備えた素晴らしい場所です。


○日程 2017 11/2〜11/9


○場所 南インドケーララ&インド最南端カニャークマリ


○参加費   ¥182000-(税込)


○参加費に含まれるもの

ヨーガの学び、宿泊、宿泊施設内(全食事)、毎朝のフレッシュココナッツ、

アーユルヴェーダクッキングクラス、アーユルヴェーダアビヤンガマッサージ(1session)、

ご祈祷(ホーマ)、8日間に含まれる全ての観光、移動費、ガイド料金、トリヴァンドラム空港までの専用TAXI送迎

◯含まれないもの

トリバンドラム空港までの渡航費、海外保険料、 施設外での個人的アクティビティ、ショッピング料金


○定員 10名


定員になり次第締め切らせていただきます。

毎年人気のリトリートですので、お早めのご予約をお勧め致します。


○宿泊施設


ケーララ随一でありながら隠れ家的リトリート施設
丘の上に建ち眼下にはアラビア海が広がり、 夕日を臨む現地ならではの贅沢なロケーション
(2名1室、天井にファンがある南インドスタイルのお部屋をご用意させていただきます)


○デイリースケジュール


06:30-08:00 アーサナ・呼吸法・瞑想
08:30     朝食
10:00-11:00 座学
12:30     昼食 フリータイム(観光、アクティビティが入ります)
16:00-17:00 座学 ・瞑想
18:00     夕食
20:00-21:00 サットサンガ
(スケジュールは変更になることがあります)


○クラス内容


*アーサナ ポーズのアライメント、バンダ及びプラーナの使い方、 流派別プラクティス
*座学
・インドにおける伝統的ヨーガの意味とそのライフスタイル
・ヨーガを深めていくのに必要な資質
・聖典の教え


マウナ(沈黙)、 ジャパマントラ
*呼吸法(プラーナーヤーマ)、瞑想


現地ならではのアーユルヴェーダクッキングクラスとその叡智を学ぶ。


バナナの葉を使った南インドスタイルのミールスもいただきます。


ケーララ伝統古典舞踊 カタカリの鑑賞。伝統文化の奥深さ。

◯スケジュールについて



*11/2はフライトのスケジュール上、ウェルカムフード&ドリンクのみになります。
*11/3は7:30〜スケジュールがスタート致します。

*11/9最終日は、 夕食をCliff沿いのレストランで頂き、 その後空港へ向かいます。

*フリータイムの時間を使い、観光、巡礼、ショッピング、 施設外でのアーユルヴェーダクッキングクラス、
施設内でのアーユルヴェーダオイルマッサージ(1session)が入ります。
*日帰り観光に行く際は、 デイリースケジュールの通りではありません。

◯現地空港集合の個人旅行になります。


〜お問い合わせ.お申込み〜



件名「India Grace Journey2017」お名前、メールアドレス、 ご連絡先電話番号を記載して下さい。

折り返しこちらより、詳細をお送り致します。

(携帯メールの方へ、返信が届かない場合がありますので、お手数ですが送信された数日は
メールブロックなどの設定調整をお願い致します)



HP上のお問い合わせからでも可能です。→

調和すること。




サットヴァな暮らしを始める。

ヨーガを知り、深めるには、 聖典も教える調和した生き方を選択していくことが大切です。

アヒムサ『苦痛を与えない』練習。
全人類も含めたあらゆる生き物が、誰に教えられるわけでもなく「傷つけられたくない、苦痛を与えられたくない」と感じています。
これは、全体宇宙に共通した価値です。

まずは人生の優先順位にその価値があがってこそ、客観的に世界を捉えることができ、はじめてその教えが見えてきます。

そして調和を選択することができます。

これは、インドで変わらず理解されているダルマと呼ばれる価値です。

人間が生活していたら、100%苦痛を与えないことは難しいかもしれませんが、出来るだけしないということは選択できます。

インドでは、菜食が中心なのはその価値をはっきりと理解しているからなのです。

Harih Om.

International day of Yoga Kyoto.


2017 6/18(sun) 京都 平安神宮参道・みやこめっせ

国連はインドのナレンドラ・モディ首相の提案を受けて、 6月21日を「国際ヨガの日」とすることを177カ国の賛成をもって2014年12月11日 に正式に採択しました。

この日をヨガの恩恵について認識を高める機会とするとともに、世界中の人々一人ひとりが自分自身の体と心を見直す日とされたのです。

モディ首相は国連総会のスピーチにおいて「ヨガは古代インドの伝統からのかけがえのない贈り物だ。心身の統合を具現化する。運動というだけでなく、あなた方自身と世界、自然の調和の感覚を発見させるものだ」と訴えました。

すでに多くの人々がヨガの実践による心身の健康増進を実感されているように、ヨガとは単なるポーズ(アーサナ)ではなく「ストレスをとりのぞき、心身の調和と統合的な健康を育む有効なメソッド」として国際的に認証されたのです。



私もご縁をいただき、 平安神宮前でのヨーガ参加、 みやこめっせので
11:30〜のクラスを担当させていただきます。 http://www.yogadaykansai.com/teacher/amrta-toshi


◇インド領事や京都市長も出席され官民合わせた大きなインドになります。

*1000人ヨガ×平安神宮前参道 時間:受付7:45〜 8:30〜9:30開催 会場:岡崎公園内 神宮道 入場:参加無料 雨天決行

*Yoga Liveイベントat みやこめっせ 時間:10:00〜17:00 入場無料 クラス参加費 1クラス 1500円
フリーパス3000円

〜全ての詳細〜 https://www.yogadaykansai.com/




teitte-insta-flicker_03.jpg
teitte-insta-flicker_02.jpg


Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar