Profile story class workshop kids yoga film contact

Nataraja Temple.


Nataraja Temple Chidambaram

五大元素の一つ空間を祀っている ナタラージャテンプルへ巡礼。

ヨーガ・スートラの編纂者 聖者パタンジャリが生まれた場所と伝えられています。

ここは、ディクシタと呼ばれるブラフミンの人々が何千年も変わらず、その深く濃いコミュニティのもと、厳格にヴェーダの教えとテンプルを守り続けているインドの中でも有数の寺院です。

幸運にも、リグ・ヴェーダとクリシュナヤジュル・ヴェーダを教えているVeda Pata Shalaに友人に連れて行ってもらい、生徒さんにアンナダーナ(食事を提供)をさせていただく貴重な機会を得ました。

インドで、 与えられるチャンスがあれば、積極的にその機会を受けとっています。

私たちが、こうしてインドでヨーガを学ぶことが出来ているのも、その背後に教えの伝統があるからです。

いつも、この国にくるとその美しい祈りの深さと、清らかさを感じずにはいられません。

Harih Om.



(クリシュナヤジュルヴェーダのアーチャーリャ(先生)と)

Water element.


Lord Jambukeswar
Devi Akilandeswari

五大元素の一つ
水を祀るシヴァテンプルへ巡礼しました。

目に見える背後にあるかすかな世界に現れている水の要素を讃えます。

Om.


Sawami Dayananda Saraswati Ji


Puja Swami Dayananda Saraswati Ji.

ヨーガ、
そしてダルマのゴールを明確に教える偉大なAdvaitaVedantaの先生中の先生、
プージャスワミジのふるさとを訪問しました。

私たちが、スワミジにお会いしたのは、ヨーガの聖地リシケシュでした。

その伝統はガンジスの流れのように絶え間なく続いています。

スワミジが身体を離れられた後も、その恩寵を益々感じています。

Om Sri Gurubhyo Namah.


ヴェーダ文化


Tamil Nadu.
タミルナードゥ州は、ヴェーダ文化が何千年も変わらず色濃く残っている南インドの州です。

人々の祈りある生活の背後に、 そこに共存して暮らすあらゆる生き物から太陽系惑星までもが互いに繋がり合い、私たち全ての行いが宇宙規模で影響し合っているとヴェーダは教えてくれています。

Harih Om.


Pampadi Rajan


Pampadi Rajan.
Super Star of all Kerala elephants.
https://youtu.be/W9h9zcljcOc

テンプルフェスティバルにも登場する神聖な象がたまたま道を歩いていたので彼のお家におじゃまし、バナナを差し上げました。
存在感が一般的な象とはかなり違います。

多様性のある豊かな生態系と、様々な動物たちが暮らしの身近に存在しているのもインドならではの魅力です。

Harih Om.


南インドケーララリトリート




India Grace Journey
南インドケーララリトリート

〜感じる、気づく、祝福に満ちた旅〜
今年も、イーシュワラのアレンジメントを感じずにはいられない伝統文化を凝縮して体感した素晴らしいひとときとなりました。

ヨーガの教えが土台となり、
全体宇宙と調和すること、祈ること、私にくつろぎ豊かにリラックスして生きていくための教えを、直接インドで学び味わうことで、より確かに、深くその意味を理解する機会になりました。

Harih Om.


ケーララミールス


Kerala Sadhya

リトリートの食事は、
玉ねぎニンニク、きのこなしの特別ベジメニューです。

ランチは、ケーララのお祝いに振る舞われるサディヤと呼ばれるバナナリーフの上に様々な種類のカレーがならぶこの地方ならではの豊かな食もいただきます。

合掌

お参り。




ビーチ沿いにある、Ardhanārīśwara temple へ参拝。

南インドのお寺は、北インドとはまた違った、その風土に合った独自の様式を表していてとても興味深いです。

もうすぐ、南インドケーララリトリートが始まります。

Harih Om.


毎日が新しい始まり


Every Day is a New Beginning.

インドに到着し数日が経ちました。
今、私たちに与えられている環境に感謝し、調和しながら毎日を新鮮な気持ちで、一瞬一瞬を大切に過ごしていきたいと思います。

Harih Om.


レギュラークラス終了のお知らせ



Nadi 北山 京都、Spirit Yoga 大阪 と長年毎週続けてきたレギュラークラスを先週で全て終了致しました。

関係者の皆様本当にありがとうございました。

ありがたいとことに、毎週平日の朝昼にもかかわらずキャンセル待ちが続いていおりました。
指導し始めて気づけば10年。

ここでもう一度、初心に帰り、指導し始める時から決めていたインドでより深く学ぶことに数年間は思う存分費やそうと思っています。

もちろん、日本にも数ヶ月は毎年帰ってくる予定なので、その際はWS、講座などを開催させていただく予定です。

また、近年は関西圏外でのWSも積極的にさせていただいておりますので、
お声をかけていただければ、全国何処へでも伺います。

来週からは、渡印し帰国は春となります。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

Harih Om.

photo by akihiko.sakane




teitte-insta-flicker_03.jpg


Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar