Profile Story Class Workshop KIDSyoga Film Coantact

【湘南WS info】11/27 Udaya Yoga Studio


シンプルに生きるためのヨーガ
〜Yoga is a way of life 〜

11/27(日) at Udaya Yoga Studio 湘南辻堂

インドリトリート帰国後、開催させていただきます。

普段 インド で学び続けている、生のヨーガ という生き方に少しでも触れていただき、お伝えさせていただければと思っています。

Session1
身体と心を磨くアーサナプラクティスと呼吸法

Session2
ヨーガ哲学の宇宙観と気づきの瞑想

Udayaならびに関東の皆様、ならびにタイミングが合う皆様どうぞよろしくお願い致します。

詳しくは→http://udayayogastudio.blogspot.jp/2016/10/1127-yoga-is-way-of-lifeamrita-toshi.html?m=0


Harih Om.

Yoga×Selfknowledge


Yoga×Selfknowlege.
The Great Meeting.

Swami Dayananda Saraswati × Sri K Pattabhi Jois.

ヨーガは知識(私とは何者なのか)を理解する道具として存在し、またその知識はヨーガの実践により理解していける。


社会的な役割を果たしながら、家庭を持ち、社会に最大限貢献していく生き方と
社会的な役割を手放し聖典にコミットしていきるサンニャーシンと呼ばれる生き方

どちらもモークシャを求めた生き方

二人の偉大や先生は、すでに肉体を離れられたが、その教えは変わらず今も受け継がれている。


Hari Om.

与えること。


インドでは、どれだけ取り、獲得したかでなく、

どれだけ与え、貢献することができたかが、

本当の意味で、人生においての豊かさとして存在しています。

自然、社会、世界全体に与え、貢献し続けることで、心は成長していきます。

ヨーガとは私の生活行動全てを心の成長にあてる生き方なのです。

Harih Om.


Sarsvati Pooja


【Sarsvati Pooja Today】



マントラ

Om Aim Mahasarasvatyai Namah?



知識の象徴


今日は、サラスワティに祈りを捧げ、その恩寵を受け取り、新しい学びを始めるのにとても良い日とされています。


インドでは、聖典や知識という本そのものがサラスワティの現れとして、大切に扱われ、床に直接置かず、ブックスタンドを使用して学びを深めます。


日本では、芸術や財宝の神様、弁財天として親しまれています。



毎日の暮らしの中でゆっくりと、一歩づつヨーガの学びを深めていきたいですね。



神戸とインド。


先日、初開催されたフェス
Kiranah Yoga Festival
at ホテルプラザ神戸

いつもクラスに参加していただいている方と、初めてお会いする方々と一緒に素敵なひとときをシェアできました。 会場はホテルの最上階18階
神戸の海、街並み、夜景がきれいに見えました。

参加された皆様、関係者の皆様ありがとうございました。
神戸は、国際色豊な地域、街並みも独自のデザインがされています。

インド人のコミュニティもあり、沢山の方々が生活されています。

その神戸で、 今週末から3日間、西日本最大のインドの祭典インディアメーラーが開催されます。

http://indiamela.so-good.jp/

インドの文化や芸術にふれることのできるお祭りです。

インドを、知るきっかけに一度足を運んではいかがでしょうか。
Harih Om.



【Spiritual Journey to the River of Heaven】 10/1-2 奈良天川村リトリート



【Spiritual Journey to the River of Heaven】
10/1-2 奈良天川村リトリート



天川は、霊気宿る谷と呼ばれ、プラーナが満ち溢れる、 昔も今も変わらず人々の祈りの生活が残り続ける、知る人ぞ知る聖地です。

透明で美しい水が湧き溢れ、緑豊かな山々そして温泉。

都会では決して味わうことのできない、純粋なエネルギーと浄化と祈りの場がここにはあります。

全体宇宙から用意されたギフトのような素晴らしい場所で、マントラ、呼吸法、瞑想、哲学を実践しながら、自分自身を見つめ、喜びに満ちた私の本質を発見し、そしてつながります。

一緒に素晴らしい旅に出かけましょう! ご参加こころよりお待ちしております。




◇内容
・プラナヤーマ

心身を、浄化するインド伝統の呼吸法。

・瞑想
静寂の中で、自分の内側を見つめていきます。

・マントラ
参加者全員でサンスクリット語をチャンティングします。 音の深い波動と、その間の静けさに目を向けていきます。

・ムドラ
瞑想やプラナヤーマで使う手指のポーズ。 身体と内在するエネルギーを調和させ統合していきます。

・ヨガアサナ
洗練された場に応じた様々なポーズ。
・哲学
基礎的な自然と宇宙、そして私自身の本質の知識を学びます。

・アウトドアアクティビティー
寺院や森の散策、歩く瞑想をして自然と繋がります。

・ソウルフード
ヘルシーな精進料理を堪能します。

・水のセラピー
天然温泉に入ります。身体を存分に癒やしましょう。


・サットサンガ
サンスクリット語でサット(真理、純粋なもの)のサンガ(同席)を意味します。
参加者の方々と場を共有して、気付かない点を教え示し、より高い認識や理解に導くよう学んでいきます。

◇持ち物
ヨガウェア/ヨガマット/宿泊セット/SMILE/ノート ※朝晩は冷える可能性がありますので、レッグウォーマーやジャケット等


◇集合場所・時間
10/1(土) AM:6:00JR大阪環状線「天満駅」 集合
※レッスン開始時間や他の生徒様も集合しますので時間厳守でお願いします。
※遠方の方や、天満駅集合が難しい方などは直接現地集合でも大丈夫です。



◇料金
・宿泊費と食事 15,000+税 (食事/1日・昼夜 2日・朝昼 精進料理) ・リトリート代金 20,000 +税 ※行き帰りの交通費は別途掛かります。(往復 約6,000-)


◇定員 16限定
若干名のみ募集

詳しくは→http://liveloveyoga.jp/cn4/tenkawamura_retreat.html


Kiranah Yoga Festival


初開催! Kiranah Yoga Festival

関西、全国で活躍する講師が集結し1日ヨーガを楽しめる初フェス。
フリーマーケットやべジカレーブュッフェなども盛りだくさん。

入場無料。

9/22(祝木)


私も2クラスを担当させていただきます。

参加費もイベントならではの値段に設定されています。


是非お越し下さい。


◇14:00〜15:15 (座学)

【ヨーガを確実に一歩深めるヨーガ哲学講座】

現在、日本ならびに世界中で沢山広まっているヨーガは、インドで教え継がれてきました。
そのヨーガの源は、何千年も変わることなく受け継がれている、ヴェーダと呼ばれる知識体です。
そこには、ヨーガの本質や、生まれてきた目的、人生においての本当の幸せの意味までが教えられています。
普段私たちが実践しているアーサナや呼吸法、瞑想は、何のために行うのでしょうか? その本当の意味を理解することで、ヨーガが一歩格段に深まります。

難しいと思われているヨーガの教え(哲学)に、日々のプラクティスの上達へのカギがあるといっても過言ではありません。
ヨーガの核心にせまる講座。
本場インドでの旅や巡礼のお話しをまじながら、わかりやすく、シンプルにお伝え致します。


◇15:45〜17:00(アーサナ)
【日々の練習を確実に一歩深めるアーサナヨーガ】

本場インドで教え継がれている、 アーサナの本来の意味と、その理解を深めていきながら、誰とも比べることなく、自分自身にとって必要なアーサナの実践を行っていきましょう。
アーサナに入っていく前に、怪我をせず練習をするために、肩、胸、股関節のオープナーを用いて、身体と心を客観的に捉え、開放させていきます。
そして、身体の軸を使いながら、無駄のない動きと、的確なアライメントを学び、力ではなく、プラーナでプラクティスする、本場インドのアーサナヨーガを実践していきます。

◇場所
ホテルプラザ神戸→HP


詳しくは→こちら



【レポート】大分国東半島リトリート



大分県国東半島。
奈良時代から平安時代にかけて仏教(天台宗)に宇佐八幡の八幡信仰を取り入れた、「六郷満山」と呼ばれる独自の神仏習合文化が今も色濃く残る祈りの地。


九州最古の平安建築、国宝富貴寺エリアのお宿でのリトリート。

同じ祈りの国インドの伝統的なヨーガの意味とそのライフスタイルのお話しからはじまり、
宇宙の秩序と調和して生きる上で大切なダルマを理解していくこと、そしてヨーガのゴールであるモークシャについてお伝させていただきました。

アーサナプラクティスでは、まずその意味を解説。
アーサナの目的は瞑想する際に必要な身体のコンディションニング。
1ムフールタ48分間座っていられる身体を育むためにあります。

今回は、いつもインドで先生から直接教わっている、基本であり重要なタダーサナと、ダウンドックの秘密についてお伝えさせていただきました。

ランチはお宿蕗薹の特製10割そばをいただきました。(国東はそばも有名)

午後からは、ヨーガ・スートラ第2章にあるヤマ(さけるべきこと)と二ヤマ(追求すべきこと)のお話し。
これらはただ単なる道徳的規範ではなく、そこにイーシュワラの理解があることが大切なポイント!

イーシュワラの理解なしにヨーガの実践はありえないと伝統的には教えられています。
カルマの法則、全体宇宙イーシュワラへの献身とその理解と態度を育むことが、
二ヤマの最後に伝えられている
イーシュワラプラニダーナ。

自分と世界と全体宇宙を客観的にみる練習をヨーガの実践を通して深めていきます。

最後のクラスは、
考えを整えるジャパの実践そして、学びを定着させていく瞑想をしました。

人数限定開催の素晴らしさ。
じっくりヨーガを丁寧に深めるひとときとなりました。

ありがとうございました。


2日目は国東半島の祈りをたどる巡礼。
富貴寺での座禅から始まりました。
御住職に、ご本尊阿弥陀如来のムドラーの説明や仏教とインドとのつながりのお話しを頂戴しました。

境内には、歴史を感じさせるどっしりとした大きな木。

日本にある磨崖仏の約8割がここ大分にあると言われています。(熊野磨崖仏)

地元のお父さんからも当たり前のように祈りの話しが飛び交います。
日本だけどなんだかインドにいるような気分。



六郷満山国東半島の各地に28の寺院を開創し、

6万9千体の仏像を造ったといわれている仁聞菩薩入滅の地



地元の方には、ゆっくり4日ぐらいかけてみていきなさいと言われるほど、

他にも沢山の興味深いみどころがありました。
大分国東に来るべくしてきたと、感じざるを得ませんでした。



【Beautiful Clear Moment】


今回のリトリートをサポートしていただけた、Masamiさん、関係者の皆様、ご参加いただいた皆様、

そして出会った全ての皆様と大分県、国東半島に感謝申し上げます。



ありがとうございました。

Om sri gurubhyo namah
Harih Om.


日吉大社×ヨーガ〜神仏の息吹を感じる〜

2017は10/22開催予定です。詳細はお待ち下さい。


以下は前回の詳細です。





日吉大社 × ヨーガ
〜神仏の息吹を感じる〜


日々の生活で知らず知らずのうちに行った穢れを祓い、山王権現のご神徳を給わり、

ヨーガの叡智を学ぶ、深くて充実したひとときを。

日本のお茶の発祥は比叡山を開いた伝教大師最澄が西暦805年にもたらし、

その由緒が日吉大社の日吉茶園として今日に伝えられています。

神仏習合 の軌跡と自然の力が残る美しい神社です。


◇ご由緒

比叡山の麓に鎮座する当大社は、およそ2100年前、崇神天皇7年に創祀された、

全国3800余の日吉・日枝・山王神社の総本宮です。

平安京遷都の際には、この地が都の表鬼門(北東)にあたることから、都の魔除・災難除を祈る社として、

また伝教大師が比叡山に延暦寺を開かれてよりは天台宗の護法神として多くの方から崇敬を受け、

今日に至っています。 (日吉大社HP抜粋)


◇ご神徳

方除け・厄除け・縁結び・家内安全・夫婦和合・商売繁盛等

◇参加費 5500円
【東本宮でのご祈祷・ヨーガ講座・入苑料が含まれています】

◇定員25名→お問い合わせ多数のため定員枠を増やしました。
(定員になり次第締め切らせていただきます)


◇お問い合わせ・お申し込み amritayogashala@gmail.com

件名「日吉大社×ヨーガ」お名前、メールアドレス、 ご連絡先電話番号を記載して下さい。

折り返しこちらより、詳細をお送り致します。

(数日たっても返信がない場合はお手数ですが、再度ご連絡下さい。)


◇ヨーガ講師
Amrita Toshi(アムリタ トシ)

2002年インドにてヨーガに出会う。 Sri M.L Sonkarに師事し本質を学んだ後、

京都大学でインド哲学を2年間専修。 年間の1/4はインドに滞在し、

現在は、ヴェーダが最後に教える知識、Vedantaをアシュラムで学び、

アーサナとプラーナーヤーマの統合された実践をRolf&Marci Noujokat から積んでいる。

2016年、リシケシのアシュラムおいて日本人初となるヨーガクラスを担当。

関西を拠点にし、レギュラークラス、WS、インドリトリート、

インド総領事館後援のイベント主催など活動は多岐にわたる。

普遍的真理を軸にライフスタイルとしてのヨーガをシェアしている。


◇FBページの運営を開始致しました。
どうぞよろしくお願い致します。
【AMRITA YOGA SHALA】



FaceBook.

この度、Facebookサイトの運営を開始致しました。

こちらでもヨーガの情報を発信していきます。

どうぞよろしくお願い致します。

FBページ☆

AMRITA YOGA SHALA


ヨーガ という生き方を深めていくには、ダルマの意味を理解することが大切。
宇宙の秩序と調和して生きるには、
まず、アヒムサー(苦痛を与えないこと)の実践。
他人も私も生き物も皆、苦痛を与えられたくないと知っている。
100%は難しくても意識的に日々の生活行動において実践していく姿勢を育んでいく。

Om.





teitte-insta-flicker_03.jpg
teitte-insta-flicker_02.jpg


Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar