Profile story class workshop kids yoga film contact

Happy Diwali!


昨日、インドでは光の祭典Diwaliが盛大に行われました。
闇は光りに照らされ今日からヴェーダの暦では新しい年が始まります。

人々はこのDiwaliの前に家を掃除し、不必要なものを手放します。
また物を新調したり、家族や友人とギフトを交換し合ったりと、身の周りのものを心機一転させる時でもあります。

当日の夜になると家々にはランプが灯り、盛大にあがる花火で新年を迎えます。
私たちの先生、スワミ パラマートマーナンダジはDiwaliのブレッシッング次のようにおっしゃられました。

1 )人生の目的とは?
ヴェーダの文化では、全ての行いはその全てにイーシュワラを見出す為にあります。
地位や名誉、物や子孫を持つ事だけが人生の目的ではありません。
常に満ちていて、幸せなのが私であるという知識を理解するのが、私たち人間の人生におけるゴールです。
そしてその知識を理解するのには、成長したマインドが必要になります。

1,感情の成長
好き嫌いでなく、物事を客観的に見れる事。

2,認識の成長
人生のゴールが明確であること。
人生を通してこの2つのマインドを成長させていきます。

2 )ラクシュミー
人々はラクシュミーの事をお金や富とだけ認識していますが、実際のところは全てのsukha、心地よさや快適さ、幸せがラクシュミーの現れです。

家庭を持つ全ての人は、豊かであるべきです。
人生における豊かさは、全てラクシュミーのグレイスです。 食べ物だけでなく食べることができる能力や、子ども、家、内側の強さや、知識さえもラクシュミーの現れです。
インドのチェンナイにはラクシュミーの8つの現れを祭るお寺、アシュタラクシュミーテンプルもあります。

3 )清めるということ
Diwaliの前には掃除をする文化があります。 私たちはいつも何かを受け取っていて、家も、携帯もマインドも常に溜まっていくものです。

特にマインドは、人との関わりの中で痛みや怒り、満足できなかったこと等、ネガティブな感情といわれるものが付いてきます。
1人になったり、瞑想やジャパをしようとするとその未消化な感情や未処理な記憶が出てきます。
本当に清めるべきものはこのマインドです。
必要でない感情や記憶は削除し、内側のスペース、ゆとりのあるマインドを持つことは人生においてとても大事なことです。

4)マインドを清める3つの実践
1,祈りのある日常
朝、身体を清めたらすぐにプージャ(イーシュワラへの儀式)やジャパをする事

2,セーヴァー
先生や両親、目上の人のお世話をしたり、社会活動をしたりと、いつも誰かの役に立てるように与える姿勢でいること

3,常に勉強をすること
常にシャーストラ(聖典)の言葉に耳を傾ける事。また先生から教えて頂いた知識を自分のものにできるよう、思い出す事。
日常生活での小さな姿勢の変化は、大きな人生の変化へと繋がります。

ゆとりのあるマインドは、全てを客観的に見ることができ、ジャッジすることなく、自分や人を受け入れることができます。

それが本当のDiwaliの意味、無知という闇に怯えているちっぽけな私を、知識の光で照らしてあげれば、元々全てに満ちていて、穏やかな私を再発見することができるでしょう。

祈りのある、いつもマインドの清らかさを求める人生になりますように。

Harih Om.


photo by culture trip

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



teitte-insta-flicker_03.jpg

IMG_9762.jpg

IMG_4826.png

スワミジ2018講話ダイジェスト、日本の皆さんへのメッセージ





mini-kita.jpg




Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar