Profile story class workshop kids yoga film contact

旅のお話ドー∞

年越しをインドは最南端で過ごした僕は一路海沿いを東へ進んでいく
チェンナイから南へ2〜3時間
ポンデェッチェリーの町におりたつ
ここは、フランス統治下にあった町
どことなく町なみも洒落ている
そこからリキシャで10分ぐらい
そーいわずと知れた
Aurovilleがある∞

オーロヴィルは1968年2月28 日
世界124カ国から人類の和合の象徴として
それぞれ持ち寄った一握りの土が
一つの壺の中に収められ、起工式が執り行われた
世界中の男女が集い
あらゆる主義や宗教、政治そして国籍を超え
平和と調和のもとに住むことのできる
ユニバーサルタウンを目指しているところ
空からみると町は銀河のかたちになっている

シュリーオウロヴィンドという賢者をご存じだろうか
彼は、ガンディーと共にインド独立にもかかわり
多くのメッセージを残している
そして、そのオウロヴィンドのもと修行に励んだ
Aurovilleの創始者フランス人マザー
今もなお町は拡大しつづけている

ここには、教育、環境、商業施設などがしっかりとあり
様々なエリアが存在する
wsもたくさん行われている
一つの町としての機能をしっかり果たしているようにみえた
僕は中心から少しはなれたエリア
Sadana Forestで生活していた

バイクでないと移動できないくらい広い
いるだけで癒される
バイブレーション
多くの菩提樹

そして、その中心にあるマザーがAurovilleの魂と呼んだ場所
マトリマンディル∞金色に輝くところ
なるほど
マザーがどれほどの思いでここを創立していったのか
をひしひしと感じた

ここは、2回のアポイントを取ったのちようやく入るのを許可される
完全に聖域

そしてそのタイミングが僕にも回ってきた

つづく


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



teitte-insta-flicker_03.jpg

IMG_9762.jpg

IMG_4826.png

スワミジ2018講話ダイジェスト、日本の皆さんへのメッセージ




Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar