Profile Story Class Workshop KIDSyoga Film Coantact

Reflection/反射



身体も心も、「意識の光」である自己の本質に頼ってその役割を果たしているとヨーガの聖典は伝えます。

身体や心に反射した光りを私たちは、普段本当の輝きだと勘違いしてしまっていると。

私が私の本質を知らないということから、人生における沢山の問題は起こります。

太陽の光が水面に反射し、あたかも水が輝いているようにみえるのも、
実は、それそのものが輝いているわけでなく、太陽が輝き続けているから。

その源、
輝きそのものが私であり、その本質を理解すればするほど、世界はもっと輝きだします。

Harih Om.

Happy Sri Gita Jayanti



今日は、生き方としてのヨーガの聖典 バガヴァッド・ギーターが生まれた大切な祝祭。

私たちの無知が払われ、バガヴァーンの教え(知識)にとどまっていられますように。

Happy Sri Gita Jayanti.


食とのつながり

(インド有数のお茶農園)


(カルダモンを20時間かけて、昔ながらの方法で乾燥させるために、絶やすことなく火を燃やし続けています)
(美しいスパイスの女王カルダモンの花)

『Beautiful Tea&Spice Plantation』

南インドケーララには世界有数の茶畑や、スパイス農園が広がっています。

私たちが、普段何気なく食べているものも、その過程において、自然環境や人の様々な支えがあり生産されています。

今回直接現地に出向く機会に恵まれました。

そこに関わる人々や自然環境に触れることで、よりはっきりとつながりを理解することが出来ます。

食べもの一つとってみても、私はいつも世界と宇宙とつながっていると言うことに気づくことができます。

日々の生活で、何に優先順位をつけ選択し、行動するかで私たちの人生はより調和したものになっていきます。

Harih Om.

南インドケーララ



南インドケーララからのぞむ
アラビア海。

美しい自然と、人々の祈りある暮らし、そしていつものお寺。

もうすぐ、南インドケーララリトリートが始まります。

Harih Om.

祈り


Morning Puja
at Adi Shankaracharya birth place

インドの
偉大なヴェーダーンタの先生
8世紀頃に南インドケーララに生まれた、アーディ・シャンカラ
今も、変わらず伝統という形でその教えが受け継がれています。

プールナ川が流れる美しいお寺へ。
まずは朝の参拝。

合掌

Happy Diwali

インドでは新年を迎える祝祭が始まっています。


マハーバーラタ戦記



インドの大叙事詩マハーバーラタ
その中にヨーガの聖典としても有名なバガヴァッド・ギーターが編纂されています。

その壮大な物語が、日本の歌舞伎として只今公演されています。

インドの叡智が日本の芸能で表現される時代。
とても大きな出来事だと思います。


主演の尾上菊之助さんは、実際にインドへ出向かれ、ヨーガの聖地リシケシや、ハリドワールに行かれ祈りを捧げられたそうです。

これからも、互いの国がより深いつながりになっていくことを願ってやみません。

Harih Om.

東京歌舞伎座
10/1〜10/25(千秋楽)
http://www.kabuki-bito.jp/mahabharata/

Yahoo ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000180-sph-ent

Swami Dayananda Sraswati ji.


Puja Swami Dayananda Saraswati ji

ヨーガの目的を教える
アドヴァイタヴェーダーンタの偉大な先生に初めて会ったのは今から6年前、ヨーガの聖地リシケシのアシュラムでした。

スワミジの存在、そして教えられる言葉そのものにイーシュワラの輝きを見ました。

私の無知が、どんどんと落とされていくの感じました。
今までの人生の中で探究し続けてきた答えと、変わらない知識をはっきりとスワミジは教えてくれました。

それ以来毎年、スワミジのお話しを聞くことができる環境が与えられました。

2015 9/23
リシケシにて肉体を離れられました。

今も、変わらず伝統という流れの中で、教えを受け継ぐ素晴らしい先生方が、その知識を伝え続けておられます。

そして、幸いにもその先生たちから学びを深めさせていただけていることへの感謝と、スワミジの恩寵を感じざずを得ません。

これからも、ヨーガという生き方を実践しながら、聖典の知識を学び深めていきたいと思います。

Om sri gurubhyo namah harih om.


自然に接する。

(天橋立)

自然の美しさは、人間の手では創造することはできない。
全体宇宙から与えられたもの。

空が空であるように、
海が海であるように、
山が山であるように、

それらを変えることは出来ない。

同じように、身体も心も自然に含まれていると気づくと、
関わる人も、自然と接する時と同じような心で接することができる。

その人が、その人であるように。

そうすれば
いつもリラックスしたゆとりある私を発見することができる。

変えることができることと、変えることができないことへの、理解とその態度と姿勢を育んでいくことにより、心は成長していく。

Harih Om.

『男のヨガ』宝島社


『男のヨガ』宝島社

7/31より全国大手書店ならびアマゾンにて発売中。

更科有哉先生監修の本の中で
瞑想と呼吸を4ページ担当させていただきました。

他にも、様々な分野で活躍する方々が掲載されています。

この本が、ヨーガを実践する全ての方々のキッカケになれば幸いです。

是非ご覧下さい。

合掌




teitte-insta-flicker_03.jpg
teitte-insta-flicker_02.jpg


Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar