Profile Story Class Workshop KIDSyoga Film Coantact

南インドケーララリトリート



〈お知らせ〉

『南インドケーララリトリート 』
India Grace Journey 2017 11/2ー11/9

〜感じる・気づく・祝福に満ちた旅〜

南インドの楽園と呼ばれるケーララとインド最南端カニャークマリへ巡礼します。

満員御礼で定員に達していましたが、
この度、1名空きが出ました!

まだ、十分ご準備など間に合います。

2017年は、新しい一歩を踏み出すスタートの年。

現地ならではの素敵な出会いと、ヨーガ・アーユルヴェーダ・伝統文化を堪能する8日間、是非この機会にお越し下さい。

ご参加心よりお待ちしております。

詳細は→南インドケーララリトリート


『男のヨガ』宝島社


『男のヨガ』宝島社

7/31より全国大手書店ならびアマゾンにて発売中。

更科有哉先生監修の本の中で
瞑想と呼吸を4ページ担当させていただきました。

他にも、様々な分野で活躍する方々が掲載されています。

この本が、ヨーガを実践する全ての方々のキッカケになれば幸いです。

是非ご覧下さい。

合掌

比べることのない叡智


7月の満月に開催された、 霊峰比叡山ヨーガリトリート

全行程の写真はこちらから→比叡山

日本仏教の母なる山。
今回、ご縁をいただき初めてヨーガのリトリートを開催させていただきました。


伝教大師最澄の祈りが今も続く、 1200年変わらず人々を照らす不滅の法灯。


世界遺産での早朝の坐禅や勤行、法話 を住職からお聴きし、改めて幸せや、真理について、人類に共通した思いを感じざるおえませんでした。(堂内での様子は、撮影禁止のためありません)


天候にも恵まれ、琵琶湖に写る美しい満月も私たちを迎え入れてくれているようでした。

人類に共通した祈りの実践が、 ヨーガを通してインドと日本を繋いでくれていることを深く体感した素晴らしい2日間でした。


ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

10/22(sun)は比叡山麓、 神仏の息吹を感じる日吉大社にてヨーガWSを開催致します。

是非お越し下さい。

合掌

International Day of Yoga in Kyoto




先月、平安神宮参道とみやこめっせで開催された、国際ヨーガの日のイベント。

関西では最大の規模の祭典。
平安神宮参道前では、1300人もの人々が、鳥居をバックに一緒にヨーガを味わう文化宗教都市である京都ならではの素晴らしいひとときでした。

みやこめっせでのYoga Liveでは、関西で活動する講師が様々なクラスを展開。 関西ヨーガシーンの盛り上がりを感じる1日でした。

Amrita Toshiも講師として参加させていただきました。 クラスチケットは、Sold Out.
約130名の方々に毎年インド学んでいるヨーガをシェアさせていただきました。 参加していただきました皆様ありがとうございました。

そして、
情熱を持ってイベントを支えた下さった、実行委員会ならびに、関係者の皆様ありがとうございました。

来年は神戸で開催されます。


合掌


気持ち新たに。


大祓を終え下半期に入りましたね。
いつも、新鮮な気持ちを忘れず、日々を大切に過ごしていきたいですね。

思いやりと共感を育みながら、全体宇宙との調和を選択し、 自身の役割を使って最大限社会に貢献していく。

どれだけ手にしたかでなく、どれだけ与えることができたかが、人生においての優先順位にあがった豊かな生き方をこれからも深めていきたいですね。

皆様の下半期の、ご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。

合掌

〜お知らせ〜
今週開催の霊峰比叡リトリート、
8/20 Yoga×Ayurveda Life(キャンセル待ち受付)
おかげ様で満員御礼になりました。
いつもありがとうございます。


◇10/22(sun)には、日吉大社×ヨーガを今年も開催させていただきます。


調和すること。




サットヴァな暮らしを始める。

ヨーガを知り、深めるには、 聖典も教える調和した生き方を選択していくことが大切です。

アヒムサ『苦痛を与えない』練習。
全人類も含めたあらゆる生き物が、誰に教えられるわけでもなく「傷つけられたくない、苦痛を与えられたくない」と感じています。
これは、全体宇宙に共通した価値です。

まずは人生の優先順位にその価値があがってこそ、客観的に世界を捉えることができ、はじめてその教えが見えてきます。

そして調和を選択することができます。

これは、インドで変わらず理解されているダルマと呼ばれる価値です。

人間が生活していたら、100%苦痛を与えないことは難しいかもしれませんが、出来るだけしないということは選択できます。

インドでは、菜食が中心なのはその価値をはっきりと理解しているからなのです。

Harih Om.

International day of Yoga Kyoto.


2017 6/18(sun) 京都 平安神宮参道・みやこめっせ

国連はインドのナレンドラ・モディ首相の提案を受けて、 6月21日を「国際ヨガの日」とすることを177カ国の賛成をもって2014年12月11日 に正式に採択しました。

この日をヨガの恩恵について認識を高める機会とするとともに、世界中の人々一人ひとりが自分自身の体と心を見直す日とされたのです。

モディ首相は国連総会のスピーチにおいて「ヨガは古代インドの伝統からのかけがえのない贈り物だ。心身の統合を具現化する。運動というだけでなく、あなた方自身と世界、自然の調和の感覚を発見させるものだ」と訴えました。

すでに多くの人々がヨガの実践による心身の健康増進を実感されているように、ヨガとは単なるポーズ(アーサナ)ではなく「ストレスをとりのぞき、心身の調和と統合的な健康を育む有効なメソッド」として国際的に認証されたのです。



私もご縁をいただき、 平安神宮前でのヨーガ参加、 みやこめっせので
11:30〜のクラスを担当させていただきます。 http://www.yogadaykansai.com/teacher/amrta-toshi


◇インド領事や京都市長も出席され官民合わせた大きなインドになります。

*1000人ヨガ×平安神宮前参道 時間:受付7:45〜 8:30〜9:30開催 会場:岡崎公園内 神宮道 入場:参加無料 雨天決行

*Yoga Liveイベントat みやこめっせ 時間:10:00〜17:00 入場無料 クラス参加費 1クラス 1500円
フリーパス3000円

〜全ての詳細〜 https://www.yogadaykansai.com/

Life is.


ヨーガは手段であり、それ自体が目的ではありません。

ポーズや呼吸法などは、全て身体と考えを整える準備のためにあり、それだけを目的としてしまえば、聖典の教える『私の本質』を知ることなく、自分自身を見失ってしまいます。

ヨーガを知るには、その生き方の理解と、伝統的な方法で真理を学び、それが何なのかをはっきりと知っている先生が必要になります。

その教えが、伝統として今も続く場所がインドなのです。

Harih Om.

WS Info
6/4 神戸Sundari
http://news.yoga-sundari.com/?eid=1167
6/11 京都TAMISA
http://ws.tamisa.jp/?pid=115816874


WS Info 4/29 sat at Nadi北山
今週末 帰国直後の1日講座です。

シンプルに生きるためのヨーガ
〜Yoga is a way of life〜

ヨーガを一歩深めたい全ての方へ
伝統的な叡智を総合的に学ぶ1日講座

関西での1日講座はこの日のみになります。

ピンッと来られた方は是非どうぞ。



◇内容
クラス1
【身体と心を磨くアーサナプラクティスと呼吸法】
ヨーガとはライフスタイル、生き方のこと。
本場インドで教え継がれている、伝統的なアーサナの意味を理解しながら、
誰とも比べることなく、自分自身にとって必要なアーサナを深めて行きましょう。
怪我をせず練習するために、肩、胸、股関節周りを解放させていくオープナーを用いて、呼吸を通して、身体と心客観的に捉えていきます。

身体の軸を使いながら、無駄のない動きと、的確なアライメントを学び、
力ではなく、プラーナで練習する、アーサナヨーガを実践していきます。
その後、より繊細に自身を観、考えを整えて行く準備のための伝統的な呼吸法を練習していきます。

クラス2(座学)
【ヨーガの宇宙観】

ヨーガの源は、何千年も変わることなく受け継がれている、ヴェーダと呼ばれる知識体です。
そこにはヨーガの本質、人が幸せに生きるための方法、そして私とは何者なのかと言うことままでが、全て教えられています。

普段私たちが実践している、アーサナや呼吸法、瞑想は何のために行うのでしょうか?
その本当の意味を理解するこでヨーガが一歩格段に深まります。
そのカギが、伝統的なヨーガの教え(哲学)にあります!
哲学本を読んで自分でその教えを理解しようとすることは限界があります。
今この瞬間もインドで、変わることなく受け継がれている伝統の「知識」にふれることで、客観性が育まれ、その限界を超えていくことができます。

今回は、ヨーガ・スートラやバガヴァッド・ギーターなどの聖典の意味を深めていく、ヨーガ哲学の全体像を、インドでの暮らしや、旅の様子をふまえて分かりやすくお伝えさせていただきます。

クラス3
【質疑応答、気づきの瞑想】

私、世界、全体宇宙と調和して生きるための気づきの瞑想とともにヨーガの宇宙観を理解していきましょう。




◇スケジュール
10:00〜12:00クラス1 アーサナプラクティスと呼吸法
12:00〜13:30 昼食
13:30〜15:00 クラス2 ヨーガの宇宙感
15:15〜16:15 クラス3 質疑応答、気づきの瞑想

◇参加費

Nadi会員:¥12,000(税込)
一般: ¥14,000(税込)
※昼食代は含まれておりません。

◇定員12名

定員になり次第締め切らせていただきます。

◇初心者の方も歓迎致します。
【ご予約方法】

Nadi会員は4月のWEB予約もしくはフロントスタッフまで
会員以外の一般の方は
タイトルに『Amrita Toshi SP WS 4/29 参加希望』
本文に名前連絡先電話番号
レンタルマット(一般:300円)の有無を記載の上、
info@nadi-kitayama.com までお申込み下さい。

※返信メールが届かない場合はお電話075-723-0888にてご連絡下さいませ。
※なお、5日前以降のキャンセルは返金できませんので予めご了承くださいませ。

私の本質を知ること。

全ての人は、皆幸せになりたいと願い、人生を歩んでいます。

これは、全ての人々に共通する願いです。
よくよく、その多くの願望を観てみると根底に、 私は、満たされていない、足りていないという思いがあることに気づきます。 考えに条件づけられ、束縛された不自由な私がいます。
人は、いつも今ここの私ではない何者かになろうとし、
過去や未来のことを考え、 他人と比べ、悩み、苦しんでいます。


私自身が私の本質を理解していないことが全ての問題(無知) であると聖典は教えます。


身体と心は私の本質ではない、それは川の流れのように移ろい行きます。 体が生まれれば、いつか必ず体は滅びます。 これは誰にも避けようのない宇宙の法則です。 心は、いつもせわしなく動き続け、感情の癖に振り回され、 考えの機械的な思考に、私はいつも束縛されています。

そこに気づかなければ、いつまで経っても、本当の意味での幸せ、自由はないと 聖典は教えます。

人間が今生に生まれてきた目的は、幸せを理解するためにあります。

私はいつも静かに身体と心を照らし、輝いています。

ヨーガとは、24×7 365日 行動の全てを心の成長にささげる、生き方です。 そうした生活の中で、聖典が教えてくれることばの意味が少しずつ深まっていきます。

そして、私の願望は全て祈りに変わっていきます。

なりたかった私はすでに、今ここにあります。 本当の自由とは、条件づけられた考えからの自由であると。
私の本質は、すでに幸せで、全てを照らす源の光なのです。

精神的に成熟した教えが長い間、伝統として 教え継がれているインドという国。

その教えをゆっくりと学ばさせていただける、 環境と機会を与えられていることに感謝致します。

一人一人にある それぞれの美しい花が咲き開くこと祈ります。


Harih Om.








teitte-insta-flicker_03.jpg
teitte-insta-flicker_02.jpg


Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar