Profile story class workshop kids yoga film contact

Gurupurnima グルプールニマー


『グルプールニマー 』

本日の満月は、
伝統的な方法で学びを深める人々にとっては特別な吉兆な日でもあります。

文明がはじまったころから、脈々と伝統という形で受け継がれている、「知識」を教える先生(グル)に全身全霊で敬意を捧げ、感謝しその恩寵を祈る満月の日です。

ヴェーダの暦で合わせてみると グレゴリオ暦のほぼ7月の満月がその日にあたります。

グは暗闇を意味し無知を象徴しています。
ルは追い払うという意味があります。

無知である暗闇を追い払い「知識」(私の本質)を見せてくれる存在がグルと呼ばれる先生です。
その知識が途切れることなく、先生から生徒へと代々続いていることを グルパランパラーと言います。

知識は決して独学で学べるものではありません。先生には先生がいて、その先生にもまた先生がいます。
シュロートリヤとは、先生から、知識と伝統的な方法で教授を受け継いだ人であり、
ブラフマニシュタとは、私自身の本質、宇宙の本質が何であるかを100%理解してる人です。
その二つを兼ねそなえた存在をグル(先生)と呼びます。

私たちが、こうして学びを深めることができるのも偉大な先生たちがおられるからです。

その存在を思い、感謝し祈りを捧げたいと思います。

Om Sri Gurubhyo Namah

左 Dakshinamurti
中央 Veda Vyasa
右 Adi Shankar

Yoga Vidya Basic Online

 

 

【Yoga Vidya Basic Course 】

指導者向けオンラインヨーガ哲学講座

 

 

◯日程

6/23.30.7/7.14 (火曜全4回)

 

◯時間

13:30-15:00(お時間には余裕を持ってご参加ください)

6/30.7/14はサットサンガ(質疑応答)を設けているため15:30までになります。

 

◯内容

6/23  ヨーガの教えと全体像

 

6/30  人生の4つの追求 プルシャアールタ
         サットサンガ(質疑応答)

 

7/07  祈りの意味と実践
     マントラジャパ瞑想

 

7/14  カルマヨーガについて
     サットサンガ(質疑応答)

 

○参加費

¥18000ー(税込)

 

◯定員

15名限定(最低催行5名)

 

◯対象者について

このオンラインクラスは、

ただ単に授業を受講するだけでなく

ヴェーダの叡智にふれながらヨーガを生き方として取り入れ、

日々の暮らしに活かし、より充実した練習、指導につなげていきたい

現在指導をされている方、もくしは3年以上日常的に実践をされている方を対象とします。

 

ヴェーダの叡智を伝統文化から紐解き、ヨーガ・スートラやバガヴァッド・ギター を理解するための考えを育み、ヨーガが本当の意味でライフスタイルとなるように日常の暮らしに必要な、考えの在り方、姿勢、実践を学び深めていきます。

 

◯お申し込み・お問い合わせ

件名に「Yoga Vidya Basic」

名前、お住まいの県、メールアドレス、電話番号を記載し以下へご連絡ください。

>>こちら もしくは、amritayogashala@gmail.com

 

折り返しこちらから詳細を送付させていただきます。(Gメールが届くように受信設定をお願い致します)

 

皆様のご参加お待ちしております。

Harih Om.

 

 


Came back to Japan


7カ月ほどインド滞在を経て 日本に無事帰国致しました。

デリーの町は爽やかな青空が広がり、空港は静けさと共にありました。

ゆっくり休息し、マイぺースに動きだそうと思います。

当分はオンラインになりそうですが、 毎年現地で直接ヴェーダ文化に生きる人々と交流しながら、学び深めている教えと、生き方をヨーガを通して今年もゆっくりシェアさせていたたければと思っています。

皆様どうぞよろしくお願い致します。


合掌




Online Yoga Class



Online Yoga Philosophy Class.
2020 5/1(fri) インドより配信

シェア歓迎致します

【開催の趣旨】
インドでのロックダウン中、 滞在しているアーシュラムでは、 毎日1500食以上が人々に無料で提供されています。
与えることの意味そして社会貢献を間近でみさせていただき、
微力ながら、普段勉強をさせていただきお世話になっている場所へ運営や社会貢献活動のサポートが出来ればと思い開催に至りました。

◯日時 5/1(金)
日本時間13:30〜14:45

◯参加費
ドネーション制 皆様からいただきました参加費は 全て滞在しているアーシュラムの運営、社会貢献活動に寄付させていただきます。

ヨーガは24×7 365日 生活行動全てを心の成長にあてる生き方です。

アーサナヨーガ だけでなく、 その背後にある教えの意味を、心を静めてより一歩深めてみてはいかがでしょうか。

皆様の参加お待ちしております。

Harih Om.

◯お申し込み
件名「オンライン哲学クラス」 お名前、メールアドレス、お住まいの県を記載し
amritayogashala@gmail.com
または、HPContact

こちらから詳細をお知らせ致します。


心の成長


只今、インドリシケシにて6週間続くロックダウンを体験中です。
州移動も公共交通機関も全て一時休止中。
こちらは、厳格に外出制限がされており、朝の決まった時間のみ人々は、ソーシャルディスタンスを守りながら、生活に必要な物資を調達することができます。



滞在しているアーシュラム(僧院)でも外出は禁止されており、サンニャーシンの先生方、ブランマチャーリー、スタッフと数十名ほどの滞在者という環境の中、
毎日、3食提供していただき、静かに祈り、瞑想し、勉強しながら、与えられた日々を有意義に過ごしています。




人間活動が休止された分、静けさが増し普段聞こえなかった様々な種類の鳥のさえずり、ガンジス川の流れゆく音、自然の音がよく聞こえます。

地球は浄化され、本来の輝きを取り戻しているように見えます。

自然や地球、宇宙は変わらずその秩序を乱すことなく、一寸のくるいなく運行しているのがよくわかります。
客観的にみれば私たちもその運行の一部ですね。

インドにおいて、アーシュラムは社会貢献の中心的役割を担っています。
この期間中は、働けなくなったり、生活が苦しくなった人、アーシュラム周辺の人々に、毎日1000食以上の食事がサンニャーシンの先生方から提供されています。

ヴェーダ文化を実践する人々の傍で過ごしていると、社会と調和することの意味、与えることの大切さ、人生においての価値を改めて学ばさせていただいています。


現代社会では、普段人々は常に外側に幸せの答えを求め、何かになろうとし、得て叶えることに夢中になっているので、気づかないうちにプレッシャーにかられ、心は落ち着つくことがありません。

ヨーガの一歩は、客観的に私も含めたこの社会、世界、宇宙のつながりを理解し、調和を選択し、心を成長させていくことから始まります。

日本も大変なときですが、 こんな時こそ、個人的な好き嫌いを超え、客観性を育み、調和することの価値に気づき選択しながら、心静かに成長していきたいですね。

世界が平安でありますように。

Harih Om.


Sri Someshwara Bhagava's Pooja




今日、
Arsha Vidya Mandir にて
スワミ パラマートマーナンダジ自ら
コロナにおける日本の危機が取り除かれ、繁栄がもたらされるように特別な祈りを捧げてくださいました。

Harih Om.


Hanuman Jayanti


Happy Hanumam Jayanti!

今日は、
無私の奉仕と、内なる強さを象徴するハヌマーンジのお誕生日。

滞在しているアーシュラムでプージャーが執り行なわれました。

ハヌマーンジは南インドでは有名なワダをマーラーとして捧げお祈りします。

Harih Om.


Power of Prayer


今、私たちは世界中でおこる様々な変化を目撃しています。

目には見えないウィルスはそのキッカケにしか過ぎず、潜在的に隠れていたものが、その影響により表面化したようにも感じます。

個人の力ではどうすることも出来ないことをありありと見せてくれているようです。

怖れや、不安、悲しみ、苦しみ、様々な思いを抱えている方々も少なくないと思います。

私たちは、人間も含めたあらゆる自然、全体宇宙との調和に気づき、選択することが出来る自由意思を与えられています。
そして、祈りという道具を使ってその調和の運行に参加することも、しないこともできます。

ヨーガの源にあるヴェーダの教えを受け継ぐ人々は、祈りがなんたるかを明確に理解し何千年も変わらず、生活の一部として祈りを実践しつづけています。

その純粋で清らかな美しい教えと、祈りを実践する人々の傍らで過ごしているといつも感動します。

ここインドでも、
3/22は全土に外出しないようにと通達がありました。
そして午後5時(日本時間8:30PM)から5分間、全国民が祈りを捧げるようにと政府から発表がありました。

祈りを捧げることを全土に発表するインドの存在は力強く、そして調和への明らかな手段を提案してくれているようです。

世界で起こっている騒つきが収束し、 人々が穏やかで平安で過ごせることを私たちも与えられた場所で祈りたいと思います。

ヨーガ実践者の皆様、そしてそうでない方も、今ここからでも始めることのできる祈りを毎日の生活に少しでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

人々のあらゆる障害が取り除かれ、平安であることを深く祈ります。

Harih Om


Arsha Vidya Mandir Vedanta Camp 2020


Swami Paramatmananda Saraswati ji のアーシュラムにて、約一ヶ月半のヴェーダーンタキャンプに今年も参加してきました。

グジャラート州のラージコートという街にあり、ここはマハトマガンジーが住み、通っていた学校がある事でも有名です。

ヴェーダーンタキャンプにはインド国内外の人が集まり、一つのトピック「本当の自分の本質」について、じっくりとスワミジの言葉に耳を傾け毎日を過ごします。

Camp1はカタウパニシャッドを、Camp2ではバガヴァッドギーター5章を勉強しました。

アーシュラムは、皆が勉強したり祈ったり、イーシュワラについてゆっくり考えたりと、それぞれ勉強や心を成長できる環境が整っており、至るところにスワミジの生徒を想う温かな配慮がみえます。


アーシュラムには畑やゴーシャラ(牛小屋)もあります。
ゴーマーター(背中にコブのある牛さん)のミルクは毎朝リンガムにアビシェーカムされ、そのお下がりはまたゴーマーターが喜んで舐めています。
そして畑はゴーマーターの恩恵でよく肥え、テンプルに捧げられる花が沢山咲いています。


ヴェーディックなライフスタイルと、自然と調和した美しい循環が見られるのもここのアーシュラムならではの光景です。
そして多くの家庭人がこの場所を支え、学びを深めています。



またここには、知る人ぞ知るシヴァリンガムSomesvaraが鎮座している場所でもあります。

Puja Dayananda Saraswati jiが 生前、愛してやまずSomesvaraの曲を作詞作曲されたことでも有名です。

今年は、2月19〜20日には12年に一度のクンバヴィシェーカムという大きな式典が開かれました。




そして21日にはMaha Shivaratriがあり、アーシュラムは沢山の人で賑わいました。
Shivaratriでは毎年スワミジご本人がその日の朝から次の日の朝まで、プージャをされています。



また地元のミュージシャンやダンサーは歌や踊りで盛大にシヴァを讃えました。




そんなパワフルなテンプルで、 毎年Campの期間中はプジャリさんのアシスタントセーヴァーをさせて頂いており、今年も毎日のプージャ、シヴァラトリーもセーヴァーとして貢献させて頂き、とてもグレイスフルな気持ちでいっぱいです。

ヴェーダーンタの教えと Live God Someshvaraの存在は、 この生きた宇宙の運行をありのままに見せてくれるようです。



世界は、コロナウイルスで不安定な雰囲気がありますが、一日でも早く穏やかになることをお祈り致します。

そんな時だからこそ、客観性をもって心静かに最善で出来る事をしていきたいですね。

Harih Om.

Yoga Life Goa




毎年継続的に学びを深めているゴアでの今シーズンの練習が終了しました。

唯一無二のシャラには、世界中から沢山の生徒がやってきます。
また、ゴアは素晴らしい自然環境も整っています。







Rolf先生は、Ashtanga Vinyasa YogaのGuru Sri K Pattbhi Jois Ji の初期の直弟子でありインドに30年以上滞在しており、妻であるMarci先生は、Maty Ji にIyengar styleを長年学びました。

二人が織りなす統合されたマイソールプラクティスはとても素晴らしく、それを理解するためにはある程度の年月が必要になります。

『Never Force』『No Pain』が合言葉。

力まかせにアーサナを進めず、 柔軟性だけに頼ることなく、 身体とマインドが陥りやすい傾向を的確に理解し、身体を癒し、繊細さと知性をもって練習し必要に応じて身体を解放するオープナーを様々な方法で実践していくのがゴアスタイルの特徴です。

アーサナがどれだけ出来るかという結果を求めるプラクティスをするのでなく、何のためのヨーガなのかを理解し、淡々と日々練習していきます。

練習は、日の出前の暗がりからスタートし、生徒それぞれは各自の課題にじっくり取り組むことができます。

我々夫婦は、去年からアシスタントを任され、毎日6時間以上シャラで修練を積んでいます。

こうして継続的にゴアで学びを深める環境を与えられていることに感謝しかありません。

日本には5月中旬に帰国予定ですが、学んだことを全国でシェア出来ればと思っています。

まだまだ修練は続きます。

Harih Om.



先生の意向のためシャラの様子や先生の写真はUPできません。





teitte-insta-flicker_03.jpg

IMG_9762.jpg

IMG_4826.png

スワミジ2018講話ダイジェスト、日本の皆さんへのメッセージ




Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar