Profile Story Class Workshop KIDSyoga Film Coantact

2017-2018 WS Event Schedule

iPhoneImage.png

スケジュールは随時更新されていきます。

2017

Dec

12/17 Studio Sundari 神戸三宮
http://news.yoga-sundari.com/?eid=1246

12/ 23 Tamisa 京都

http://ws.tamisa.jp/?pid=124107152


2018

Jan

1/6〜7 Lotus Studio 大分九州
https://www.facebook.com/events/1397991990298561/?ti=icl
1/6 同日17:30開始 @創造空間 Kamenosu
古典を愉しむ〜日本×インド〜 食と音とおはなしと
https://lotusyoga.amebaownd.com/posts/3315527

Mar

3/15〜3/22  India Grace Journey 北インドリトリート
ヨーガとヴェーダ文化を堪能する充実の8日間

12/28締め切り、残席2名

http://namah-shivaya.jugem.jp/?eid=879



コース

・指導者向けヨーガ哲学講座 全4回 次回来春
Stand Point 京都

https://kyoto-yoga-standpoint.amebaownd.com/



日吉大社×ヨーガ〜神仏の息吹を感じる〜
〈リポート〉




『日吉大社×ヨーガ』

ー雨音と静寂ー

神社は水と切り離せない場。
全てを洗い流し清める浄化の温もりある雨が特別なひとときを与えくれました。

神職が雨の日は深い時間だと仰っておられました。

そんな、普段味わうことができない素晴らしいひととき参加された皆様と共有できたことを光栄に思います。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。
全行程は以下でご覧いただけます。
https://www.flickr.com/photos/65805870@N08/albums/72157687467824111

合掌


三重 松阪WS レポート


三重 松阪 養泉寺WS.

先週末に三重松阪市の500年以上の歴史ある禅寺でwsをさせていただく機会に恵まれました。

禅の修練である
「只管打坐(しかんたざ)はただ座ることではなく、生活そのものです。 日々一瞬一瞬を丁寧に意識的に生きることが大切です。」とのお話しが、
ヨーガがアーサナだけにとどまらず生き方につながることと同じであり、
道具は違えど進むべき方向は一緒だなと改めて感じた瞬間でした。

副住職とは、全くの同年代。
なんだか、とてもご縁を感じるワクワクした出会いでした。

WSは、読経とお焼香からはじまり、
歴史あるお寺ならではの静けさと安定感の中、リラックスしてゆっくりと進んでいきました。

Session1は、インドで学び深めている、地に足のついた、的確な身体の使い方の練習と基本のポーズとバッグベンドにつながる、オープナーを練習。

Session2は、ヨーガと幸せについてのお話しからはじまり、ヨーガスートラのクリヤヨーガをピックアップして、生活に実際にどう活かしていくことができるのかを、お話しさせていただきました。
質疑応答の時間も設けました。

特別な場で、wsをさせていただけたことを嬉しく思います。



ご参加いただきました皆様、
関係者の皆様ありがとうございました。

通うたびに、沢山の発見がある三重県、 次回は来年5月を予定しております。

合掌

九州大分WS レポート


先日末、九州大分でのWS模様をロータススタジオにアップしていただきました。

毎年ゆっくりと着実に輪が広がっていることを嬉しく思います。

是非、ご覧下さい。

◯WS1日目
https://lotusyoga.amebaownd.com/posts/3004734

◯WS2日目
https://lotusyoga.amebaownd.com/posts/3004845

◯番外編
https://lotusyoga.amebaownd.com/posts/3004895


霊峰比叡山ヨーガリトリート


7月の満月に開催された、 霊峰比叡山ヨーガリトリート

全行程の写真はこちらから→比叡山

日本仏教の母なる山。
今回、ご縁をいただき初めてヨーガのリトリートを開催させていただきました。


伝教大師最澄の祈りが今も続く、 1200年変わらず人々を照らす不滅の法灯。


世界遺産での早朝の坐禅や勤行、法話 を住職からお聴きし、改めて幸せや、真理について、人類に共通した思いを感じざるおえませんでした。(堂内での様子は、撮影禁止のためありません)


天候にも恵まれ、琵琶湖に写る美しい満月も私たちを迎え入れてくれているようでした。

人類に共通した祈りの実践が、 ヨーガを通してインドと日本を繋いでくれていることを深く体感した素晴らしい2日間でした。


ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

10/22(sun)は比叡山麓、 神仏の息吹を感じる日吉大社にてヨーガWSを開催致します。

是非お越し下さい。

合掌

International Day of Yoga in Kyoto




先月、平安神宮参道とみやこめっせで開催された、国際ヨーガの日のイベント。

関西では最大の規模の祭典。
平安神宮参道前では、1300人もの人々が、鳥居をバックに一緒にヨーガを味わう文化宗教都市である京都ならではの素晴らしいひとときでした。

みやこめっせでのYoga Liveでは、関西で活動する講師が様々なクラスを展開。 関西ヨーガシーンの盛り上がりを感じる1日でした。

Amrita Toshiも講師として参加させていただきました。 クラスチケットは、Sold Out.
約130名の方々に毎年インド学んでいるヨーガをシェアさせていただきました。 参加していただきました皆様ありがとうございました。

そして、
情熱を持ってイベントを支えた下さった、実行委員会ならびに、関係者の皆様ありがとうございました。

来年は神戸で開催されます。


合掌


【WS レポート】大阪 ・ 湘南
シンプルに生きるためのヨーガ
〜Yoga is a way of life〜



◇11/23(祝)Yoga Academy OsakaにてMen's Yogaが開催され、クラスを担当させていただきました。

男性がヨーガの実践をするということ。

ヨーガという生き方が存在している源の国インドでは、伝統的にその知識が受け継がれています。
文化、伝統の中において男性のヨーガ実践者は沢山います。

ここ数年、日本でもMen'syogaのムーブメントが広がっています。
男性にとっても
自分自身や宇宙全体と調和し、与えられた役割を使って社会に最大限貢献して生きるヨーガという生き方を学び深めていくことで、人生においての一つの答えを指し示すものになると感じます。

◇11/27(日)Udaya Yoga Studio 湘南辻堂

ヨーガを一歩深めたい全ての方へ 伝統的な叡智を総合的に学ぶWS

身体と心を磨くアーサナプラクティスと呼吸法
ヨーガ哲学の宇宙観と気づきの瞑想




初開催させていただきました、Udayaはゆったりとした時間が流れ、心地の良い場所でした。

スタジオのFacebookで様子をUPしていただきましたので、是非ご覧下さい。 当日の模様は→こちら

この場をお借りして、ご参加していただきました全ての皆様、関係者の皆様にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

12/11(日) Studio Sundari
神戸で開催させていただきます。
詳細は→こちら

どうぞよろしくお願い致します。

Hari Om.


【レポート】日吉大社×ヨーガ 10/23



【日吉大社×ヨーガ 】

〜神仏の息吹を感じる〜

定員を大幅に越えつつ、ご縁がある皆様にご参加いただけたこを大変嬉しく思っています。

今回特別に東本宮でのご祈祷と、場をご提供下さいました日吉大社さんにお礼申し上げます。










ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

Flickerのほうで全行程をUPさせていただきました。
こちらから
是非ご覧下さい。


これからも、
インドでの学びを軸にしながら、
日本に存在する素晴らしい祈りの場で、
ヨーガとその場所を通じて
私と自然と世界、
そして宇宙との繋がりを深めていく叡智を、日々の生活に結びつけながらお伝えしていければと思っております。

今後とも皆様どうぞよろしくお願い致します。
合掌


Kiranah Yoga Festival


初開催! Kiranah Yoga Festival

関西、全国で活躍する講師が集結し1日ヨーガを楽しめる初フェス。
フリーマーケットやべジカレーブュッフェなども盛りだくさん。

入場無料。

9/22(祝木)


私も2クラスを担当させていただきます。

参加費もイベントならではの値段に設定されています。


是非お越し下さい。


◇14:00〜15:15 (座学)

【ヨーガを確実に一歩深めるヨーガ哲学講座】

現在、日本ならびに世界中で沢山広まっているヨーガは、インドで教え継がれてきました。
そのヨーガの源は、何千年も変わることなく受け継がれている、ヴェーダと呼ばれる知識体です。
そこには、ヨーガの本質や、生まれてきた目的、人生においての本当の幸せの意味までが教えられています。
普段私たちが実践しているアーサナや呼吸法、瞑想は、何のために行うのでしょうか? その本当の意味を理解することで、ヨーガが一歩格段に深まります。

難しいと思われているヨーガの教え(哲学)に、日々のプラクティスの上達へのカギがあるといっても過言ではありません。
ヨーガの核心にせまる講座。
本場インドでの旅や巡礼のお話しをまじながら、わかりやすく、シンプルにお伝え致します。


◇15:45〜17:00(アーサナ)
【日々の練習を確実に一歩深めるアーサナヨーガ】

本場インドで教え継がれている、 アーサナの本来の意味と、その理解を深めていきながら、誰とも比べることなく、自分自身にとって必要なアーサナの実践を行っていきましょう。
アーサナに入っていく前に、怪我をせず練習をするために、肩、胸、股関節のオープナーを用いて、身体と心を客観的に捉え、開放させていきます。
そして、身体の軸を使いながら、無駄のない動きと、的確なアライメントを学び、力ではなく、プラーナでプラクティスする、本場インドのアーサナヨーガを実践していきます。

◇場所
ホテルプラザ神戸→HP


詳しくは→こちら



【レポート】大分国東半島リトリート



大分県国東半島。
奈良時代から平安時代にかけて仏教(天台宗)に宇佐八幡の八幡信仰を取り入れた、「六郷満山」と呼ばれる独自の神仏習合文化が今も色濃く残る祈りの地。


九州最古の平安建築、国宝富貴寺エリアのお宿でのリトリート。

同じ祈りの国インドの伝統的なヨーガの意味とそのライフスタイルのお話しからはじまり、
宇宙の秩序と調和して生きる上で大切なダルマを理解していくこと、そしてヨーガのゴールであるモークシャについてお伝させていただきました。

アーサナプラクティスでは、まずその意味を解説。
アーサナの目的は瞑想する際に必要な身体のコンディションニング。
1ムフールタ48分間座っていられる身体を育むためにあります。

今回は、いつもインドで先生から直接教わっている、基本であり重要なタダーサナと、ダウンドックの秘密についてお伝えさせていただきました。

ランチはお宿蕗薹の特製10割そばをいただきました。(国東はそばも有名)

午後からは、ヨーガ・スートラ第2章にあるヤマ(さけるべきこと)と二ヤマ(追求すべきこと)のお話し。
これらはただ単なる道徳的規範ではなく、そこにイーシュワラの理解があることが大切なポイント!

イーシュワラの理解なしにヨーガの実践はありえないと伝統的には教えられています。
カルマの法則、全体宇宙イーシュワラへの献身とその理解と態度を育むことが、
二ヤマの最後に伝えられている
イーシュワラプラニダーナ。

自分と世界と全体宇宙を客観的にみる練習をヨーガの実践を通して深めていきます。

最後のクラスは、
考えを整えるジャパの実践そして、学びを定着させていく瞑想をしました。

人数限定開催の素晴らしさ。
じっくりヨーガを丁寧に深めるひとときとなりました。

ありがとうございました。


2日目は国東半島の祈りをたどる巡礼。
富貴寺での座禅から始まりました。
御住職に、ご本尊阿弥陀如来のムドラーの説明や仏教とインドとのつながりのお話しを頂戴しました。

境内には、歴史を感じさせるどっしりとした大きな木。

日本にある磨崖仏の約8割がここ大分にあると言われています。(熊野磨崖仏)

地元のお父さんからも当たり前のように祈りの話しが飛び交います。
日本だけどなんだかインドにいるような気分。



六郷満山国東半島の各地に28の寺院を開創し、

6万9千体の仏像を造ったといわれている仁聞菩薩入滅の地



地元の方には、ゆっくり4日ぐらいかけてみていきなさいと言われるほど、

他にも沢山の興味深いみどころがありました。
大分国東に来るべくしてきたと、感じざるを得ませんでした。



【Beautiful Clear Moment】


今回のリトリートをサポートしていただけた、Masamiさん、関係者の皆様、ご参加いただいた皆様、

そして出会った全ての皆様と大分県、国東半島に感謝申し上げます。



ありがとうございました。

Om sri gurubhyo namah
Harih Om.





teitte-insta-flicker_03.jpg
teitte-insta-flicker_02.jpg


Film

search

CURRENT MOON

INDIA TIME

JAPAN TIME

category

entries

△最近の日記一覧

calendar